『あん』ついにアラビア語訳です。

Malazat_Tokyo_convert_20180619204644.jpg

『あん』のアラビア語版の表紙が届きました。
徳江さん、千太郎、ワカナちゃん、ついにイスラム圏への旅立ちです。(出版社はレバノンよ)

都立三宅高校野球部

三宅野球部ミニ

機会があれば読んで欲しい一冊があります。三宅島の都立三宅高校の社会科教員であり、三十年以上にわたって野球部の監督を務めていらした山本政信先生と部員を巡るドキュメンタリーです。

ボクが、三宅島の復興の一助になればとイタリアントマトの栽培を訴え、そして自分自身の夢のために島に居を構え、東京と往復する生活をスタートさせて2年になります。この間、島にほとんど知り合いがいない自分を支えてくれた一人が山本先生でした。

離島の高校の野球部です。遠征がままならないため、練習試合もできません。年に一回だけの試合、それが神宮球場での夏季大会での初戦です。少人数ゆえ、皆が頑張り過ぎるくらい頑張り、毎日15キロ走り込む猛者もいる三宅高校野球部です。でも、東京の人の多さを見ただけで具合が悪くなる部員もいます。

頑張っても、頑張っても、一勝できるのは十年に一回です。ほとんど毎年、初戦コールド負けです。小指を骨折してしまったピッチャーが延々と投げ抜き、どうにもならなくなったとき、経験のない選手がマウンドに立ってしまうのが三宅高校の野球部なのです。

遠征費もままならないため、彼らは初戦で負けた夜に、竹芝桟橋からの船で島に帰らなければいけません。桟橋での三年生それぞれの挨拶が、その年度の解散式になります。泣きじゃくる三年生たちに山本先生は言います。

「君たちの実力はこんなものだったのだよ。それを知りなさい。野球にはコールド負けがある。でも、人生にコールドゲームはないんだよ。どんなに苦しくたって、どんなに辛くたって、人生にコールドゲームはないんだよ。だから、くじけることなく、あきらめることなく、生きていかなければならないんだよ」

ボクは、トマトが島の復興につながればという思いで飛び込んだとき、本当に不安でした。今でもわかってもらえない孤独はあります。だけど、山本先生のような数人の島民に励まされてここまで来ました。

たぶん、ボクも山本先生の一人の教え子なのです。

くじけることなく、あきらめることなく、火山灰だからこその激うまトマトを信じているのです。そしてとうとう今年、一つの農園が少々の商いができる程度の苗が育ちました。

5年間の全島民避難の時も含め、山本先生が生徒や野球部員たちとどう生き抜いてきたのか。読んでいる間、何度落涙したかわかりません。でも、この一冊は紛れもなく、たぐい稀な希望の書なのです。
『灰とダイヤモンド』(平山讓著・PHP文芸文庫)

韓国の学生さん、真摯でした。

group_picture__convert_20180619204304.jpg

韓国の延世大学(Yonsei Univ.)国際部で、小説「あん」を巡る講義をさせてもらいました。
前列中央の瀬戸智子プロフェッサーが、アリスン・ワッツさん英文訳の「Sweet Bean Paste(あん)」を課題の一冊として選定して下さり、学生の皆さんが読んでくれたからです。

講義後に残ってくれた熱心な学生やプロフェッサーと記念撮影。
ハンセン病問題から、生きていくことや存在についての普遍的な命題まで、質疑も活発なものになった二時間。純粋に楽しかったです。貴重な機会を与えてくださった瀬戸先生、学生のみなさん、ありがとうございました。

カラスのジョンソン 再びの飛行

ジョンソン短縮

10年前に絶版となった『カラスのジョンソン』が、
改訂版として刊行されました。ポプラ文庫です。

なぜ、10年間の沈黙を破り、今あらためて書き直したものを上梓するのか。

端的に言ってしまえば、この物語がフランスでの三冊目の翻訳書として選ばれたからです。
『あん』『ピンザの島』に続くフランス語での刊行です。
その受け皿として、日本でももう一度読んでもらえるチャンスが欲しい。
そう願ったのです。

カラスと少年の物語だと言ってしまえばそれまでですが、
社会的に弱い立場にある者の精一杯の声をボクは書き上げたつもりです。

駆除されていくカラスの巣。
カラスが苦手だ、嫌いだ、という人からすれば当然の行為に映るかもしれません。
でも、ボクはあくまでも比喩としてそのシーンを書いています。

シリア難民やパレスチナの人々が置かれた立場や、ヘイトの対象になっている皆さん。
我が心は、彼らのそばにあります。

そうそう。10年早く『万引き家族』を書いているのもこの『カラスのジョンソン』です。
書店にも並び始めました。
復活したジョンソン、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

友だちの本の紹介

IMG_0768_convert_20180521182024.jpg

若い友だちの本を紹介します。
『それでも人を信じた猫 黒猫みつきの180日』(咲セリ著・角川書店)

みつきと名付けられたこの子は、おそらくは人間による虐待から大けがをした盲目の猫です。この子が旅立つまでの半年間をいっしょに過ごしたセリさんと旦那さんの心の記録と写真によって構成された本です。

目が見えず、快復が難しい傷を負ったみつきにセリさんと旦那さんが望むこと。それは、特別なことではありません。
そのままでいい・・・そのままそこにいて、生きていてくれたら、という願いです。

みつきとの関係のなかで、自分たちも実はそうではないのかとセリさんは気づきます。自分たち夫婦も「そのままでいいから」とささやかれているような気持ちになってくるのです。

難しいことはなにも書かれていません。ハンディキャップを山のように背負ってしまった一匹の猫と、若いご夫婦の心の交流です。でも、ボクたちがつい忘れがちなことがここにはあるような気がします。

実は、数ヶ月前にいただいた本だったのですが、ボクも猫が登場する小説を書きかけだったので、それを仕上げたらいっしょに歩いていこうと思っていました。ボクの猫小説もなんとか形になりそうですので、みつきを紹介させてもらいました。
セリさん、ありがとう。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2018年7月18日(水)
歌劇『クロコダイルの恋』
京都東本願寺しんらん交流館
近刊
「カラスのジョンソン」(ポプラ文庫)
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ