FC2ブログ

みんなに やさしく

みんなに やさしく_convert_20190520130624

翻訳をさせてもらった絵本『みんなに やさしく』(イマジネイション・プラス)が今週24日発売となります。
おもしろ授業付きのサイン会も6月1日(つつじヶ丘・飛鳥書店)に行います。

原題は、『BE KIND』という米国の絵本です。
『しんせつに』ではちょっと内容が違うなあというのが初めてこの絵本に触れたときの印象でした。

教室のなかで友だちがグレープジュースを服にぶちまけてしまいます。
服がむらさき色になってしまった友だちを教室のみんなが笑います。
主人公の女の子は、そのときいつもママに言われている『人にはやさしく』という言葉を思い出します。

しかし、この子は逡巡しているうちに、
『やさしく』という言葉の意味がだんだんわからなくなってきます。
事態は思わぬ方向へ。
そしてイメージは教室を飛び出し、全世界の人間の行為へと広がっていきます。

その結果、彼女がとった行動は?
そしてそれを受け取った友だちは?

一歩間違えば、あやしい道徳の教科書になってしまいそうな題材ですが、
誰にでもこの種のことで悩んだ経験はあると思いますし、
この絵本ならではの可愛いラストシーンが最高です。

もちろん『米国よ、他国にもっとやさしくな』という言葉はボクの胸にも浮かびましたが、
お子さんがいらっしゃる方は、ともに考える材料として一冊あっていい絵本かもしれません。
昨年はニューヨーク・タイムズ、シカゴ公共図書館などがベスト絵本の一冊として選びました。

先日、刊行前の、頁がバラバラの校正用原稿を紙芝居のように広げて、
三宅島の三宅小学校の1、2年生を相手に授業をしてきました。
サイン会では、大人も子どもも大歓迎。
島での授業を再現します。ぜひいらして下さい。

6月1日(土) 飛鳥書店(調布市西つつじヶ丘3-28-10)
おもしろ授業付きサイン会は、午後5時、6時、7時からの3回です。
申し込み)飛鳥書店 042-484-2090
参加費はかかりません。飛鳥書店でこの絵本を買っていただければそれでOKです。
『水辺のブッダ』(小学館)も併せて、サインいたします。

にゃんこたちが答えます。

IMG_1645_convert_20190518151229.jpg

にゃんこたちが人生の謎やお悩みに答えてくれるサイト『新宿の猫たち』がもうすぐスタートします。

ただ、スタートするためには、みなさんのつぶやきや逆境への懊悩などがなければいけません。そこで、苦悩の言葉、大募集です。(別に苦悩じゃなくてもいいけどにゃ)(絵・うめちゃん画伯)

必須事項
・あなたのハンドルネーム(ペンネーム)
・アドレス
・お題
・メッセージ本文(200字以内)

送り先はこちらです。
cats@nekopoets.com

今年も三宅サンマルツァーノ

トマト1905_convert_20190518144255

復興の一助になりますようにと、土壌として火山灰を好む世界一おいしい(とボクが勝手に思っている)イタリアントマトの種を三宅島に持ち込んでから3年。今年も『三宅サンマルツァーノ』の予約が始まりました。

栽培農家は、菊地農園さんです。

昨年の初出荷は、105名の方からご注文をいただきましたが、梅雨の暑さと湿気に苦しみ、思わぬ障壁に激突。50名の方にしか出荷できませんでした。今年は昨年に比べると幾分成長が早いようです。

オーナーの菊地直彦さんによると、出荷スタートはおそらく6月半ばくらいになるのではないか、とのこと。一昨日農園を訪れた際には、ご覧のような紡錘形をしたトマトの赤ちゃんたちが鈴なりになっていました。

今年もこのあとの気候に左右されますが、昨年よりは出荷できる量が増えるだろうとの見込み。煮たり焼いたりで最高においしいトマトです。なかでも丸焼きがおすすめです。

初めての方も、ぜひトライされて下さい。
菊地農園のホームページから申し込めます。

菊地農園『三宅サンマルツァーノ』
https://myk-sunmaru-tomato.jimdofree.com

新刊小説『水辺のブッダ』発売です。

水辺のブッダ表紙_convert_20190514114337

 新刊小説『水辺のブッダ』(小学館)が明日5月15日発売されます。(書店に並ぶのはもう数日あとかも)

 ホームレスと風俗嬢しか出てこない、心の物語です。

 社会一般へのなにがしかの違和感が、ボクには常にあります。それがこの物語の執筆のきっかけになったことは間違いないのですが、ただ、そこに盛り込んだのは、単純な主張や怒りではなく、ボクらがこの世に在るということに関する、様々な方向からの思索です。

 若い頃に三度、インドを歩きました。そのうちの二度は釈尊が悟りを開いたと言われるブッダ・ガヤーを巡る旅で、ずいぶん途方に暮れ、汗も流れ、ひどい病気もした道程でした。存在の根本は何なのか。時とは何なのか。祈りには力があるのかないのか。そうした問いがつきまとう旅でもあったと思います。

 今でも問いはあり、心の袋がやぶけてしまうと、ボクは多摩川の川原で暗くなるまで座り込んだり、アカシヤの林に寝転がって、輝きの粒子のように降り注ぐ花びらに埋もれたりします。そうして得た世界観のひとつに、「単独で存在できるものはない」というものの見方があります。

 すべてが網の目にように絡み合った関係のなかで、存在たり得る。そのことの発見は、ボクに世界を再構築させ、ある種の安寧を与えてくれもしました。

 ボクは『あん』という小説で、ハンセン病の元患者による哲学の開闢を描きました。今回の『水辺のブッダ』は、その哲学の扉の向こうにある、思想の本体を書いたものです。

 なぜボクらはここにいるのか。その問いを持つ皆さんに、ぜひ読んでもらいたい物語です。

愉快な読書時間

僕が神さまと

楽しい読書となりました。
『僕が神さまと過ごした日々』(アクセル・ハッケ作 那須田淳、大本栄訳 講談社)

ボクらは、あるがままにこの世を受け入れているわけではなくて、それぞれの認識を通して、それぞれのこの世を創りあげている。

その認識というものに想像力も含まれるなら、ある意味で神性は(神さまは)ボクら一人一人にも宿る。

ハッケの縦横無尽な創造性こそハレルヤ。それを日本語でこんなにまで愉快にわかりやすく翻訳して下さった那須田淳さん、大本栄さんご夫妻にハレルヤ。そして、この物語を読み、イマジネーションという空飛ぶ絨毯に乗ってこの世の根源にまで旅をしてしまうあらゆる読者にハレルヤ。

しかし、この世の中心にある、この世を司っているある生き物の描写と、ことあるごとに写メしまくる日本人観光客の姿は笑ったなあ。あ〜あ、面白かった。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2019年1月12日(土)
新刊ゆっくりサイン会
飛鳥書店
1月19日(土)
シリアを撮った写真家と対談
馬喰町ART+EAT
近刊
「カラスのジョンソン」(ポプラ文庫)
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ