ジュゴンを探す辺野古のドキュメント

『ZAN ジュゴンが姿を見せるとき』上映会をやります。

圧巻の水中撮影です。巨大な珊瑚礁です。
つぶされていく辺野古の海を水中から撮っています。
  
3月11日(日)3丁目カフェ(田園都市線たまプラーザ駅北口)
プロデューサーの木佐美有さんと上映後にトークショーを行います。
ドリンク付き 事前予約2000円 当日2500円

http://motheru.jp/evet/gokande_eiga20180311/

線量計と奥の細道

震災から7年。日本ペンクラブ「子どもの本委員会」主催
「ポスト3・11に向き合う」

3月10日(土)青山学院女子短期大学 N202教室 入場無料
午後2時〜4時半

第1部)『被曝のその後、奥の細道』
2012年に空間線量計を携えて自転車旅をした奥の細道。
各地の写真と線量を伝えながら、深川から平泉までの旅を再現します。
また、その後も続けた計測により、各地の線量がどう変化していったかも発表します。

第2部のシンポジウムも役者揃いで(みな作家ですが)楽しみです。
オープニングのご挨拶は森絵都さんです。

http://japanpen.or.jp/kodomo311/

三宅島で上映します。

三宅島で映画『リワイルディング〜あたらしい野生の地』を上映します。
ボクと写真家の赤阪友昭さんのトークショーがつきます。

3月3日(土)三宅村文化会館 入場無料
昼の部 午後1時30分開演  夜の部 午後6時30分開演 
問い合わせ)三宅村教育委員会 04994-5-0952

http://rewilding.mejirofilms.com

極寒の旭川で盛り上がりました。

旭川シンポジウム_convert_20180227150216

ちょっと報告が遅くなってしまってごめんなさい。
2月3日(土)、旭川のCocodeホールで、日本ペンクラブ「子どもの本委員会」主催のシンポジウム
「児童書作家たちは動物になにを託してきたのか」を行いました。

出演は、絵本作家のあべ弘士さんと、歌人の俵万智さん、そしてボクです。
生き物を人間と同等の存在として登場させていた神話時代の話から、
人間のみの小説世界が失ってしまった「大いなる土台」にまでトピックは及び、
詰めかけて下さった150名ほどのお客さんとともに盛り上がりました。

特に、あべさんの原画を背景に映しながらの『クロコダイルとイルカ』の3人での朗読、
また、同じ絵の進行でまったく別の物語を届ける企ては大成功で、
氷点下10度を下回る温度でありながら、場内は愉快な熱気に包まれたのでした。

来て下さったみなさん、ありがとうございました。
翌日訪れた「井上靖記念館」も良かったです。
作家の書斎とはこういうものなのかと、冷水と温水を同時に浴びた気分です。

旭川で会いましょう。

スライド01_convert_20180118203252

厳寒の旭川で、あべ弘士さん(絵本作家)、俵万智さん(歌人)とともに、
児童書と動物にまつわる楽しいイベントを開きます。

フォーラム「子どもたちの未来、子どもの本の未来」
〜児童文学作家は動物たちに何を託してきたか?〜

(以下はポスターの挨拶文です)
 絵本や童話のなかで、動物たちはまるで人間のように振る舞います。心と言葉と、ユーモラスな行動をもって。でも、プーさんと本当のクマは違います。王子さまに友情を教えるキツネも、うなぎを届けてくれるごんぎつねもおそらくいません。哀しみから星になるまで飛び続けるヨダカもいないはずです。

 それなのになぜ、童話作家たちは動物たちを登場させてきたのでしょう。なぜ、人間と人間の物語ではなく、動物が必要になったのでしょう。大人が読む物語では、動物たちが消えてしまうのはなぜなのでしょう。

 作家が動物たちに託したものは、子どもたちに語りたい何かを秘めているはずです。それが何なのかを、絵本作家のあべ弘士さん、歌人の俵万智さんと私の三人で語ります。

 また、けんぶち絵本の里大賞を受賞した絵本『クロコダイルとイルカ』(文ドリアン助川・画あべ弘士)を背景いっぱいに映して、三人で朗読にも挑戦します。子どもたちの未来と楽しみと動物でいっぱいの時間になりそうです。
           
                          日本ペンクラブ「子どもの本」委員会委員長 ドリアン助川

日時 2018年2月3日(土) 15時〜17時
会場 旭川市市民活動交流センター CoCoDeホール
(旭川市宮前1条3丁目3-30 電話0166-74-4151)
参加費 1000円

申込先 メールで日本ペンクラブまでどうぞ。タイトルを「子どもたちの未来」とし、本文に、氏名、年齢、電話番号をお書き下さい。
送付先 secretariat03@japanpen.or.jp
問い合わせ) 日本ペンクラブ 電話03-5614-5391
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2018年7月18日(水)
歌劇『クロコダイルの恋』
京都東本願寺しんらん交流館
近刊
「カラスのジョンソン」(ポプラ文庫)
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ