落合恵子さんとトークショーやります。

落合恵子さんとトークショーします。
6月17日(土曜)の朝っぱらから、東京は青山のクレヨンハウスです。朝っぱらに強い方、ぜひいらして下さいな。ボクは『星の王子さま』に出てくるバオバブの木の秘密と、今進行しつつあることの危機感について話をします。ただ、朝っぱらが苦手なので、前日の夜からずっと起きているかもしれません。

http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/Morningstudy.aspx

木枯らし紋次郎、渾身の一撃!

中村敦夫_convert_20170608143451

原発について、その被害の実情について、多額の予算が動くその利権について、
みなさんはどれくらいの知識がありますか。

これで俺は人生を終えてもいいのだ。
と敦夫さんがおっしゃる渾身の朗読劇です。
よくぞここまで調べられたものです。

日本各地で100回公演を目指されています。
そのうちの4回が、ご覧のように東京の笹塚ボウルで行われます。

申し込みは、電話03-3374-1300(笹塚ボウル)
あるいは info@sasazukabowl.com まで。

新宿ブルースナイト

新宿ブルース_convert_20170420202239

近付いてきたので、もう一度だけ告知させて下さい。
新宿ブルースナイトに出ます。
宇崎竜童さんや中山ラビさん、根岸季衣さんら錚々たるメンバーですが、ボクはボクなりのブルースで時間に色を塗ろうと思います。

5月3日 新宿明治安田生命ホールです。
16時開演。ボクの出番は 17時半頃だと聞いています。

終演後はどこかの居酒屋で、
出演者全員を交えての大パーティーになるそうです。
チケットは新宿ゴールデン街「うとうと」まで。
090-2544-7301(10:00 ~ 17:00)
03- 5272 -6511(20:00 ~ 22:00)

真白(ましろ)の恋

4月3日(月)夜、映画『真白の恋』主演の佐藤みゆきさんと上映後のトークショーをやります。
渋谷アップリンクにて、午後8時の回の上映後です。

軽度の知的障碍がある女性の初恋を描いた『真白の恋』。1986年生まれの坂本欣弘監督と、知的障碍者の弟さんがいらっしゃる脚本家、北川亜矢子さんのタッグによって生まれた透明感あふれる作品です。

舞台は富山県射水(いみず)市。かつてボクは原発事故後の各地の線量を測るために奥の細道のルートを自転車で旅したことがあるのですが、高山へ抜ける際この射水市に入り、「こんなベニスのような街が日本にもあったのか! ここには絶対もう一回来たい!」と強く思った、運河と暮らしが隣接する独特の風景がある場所です。射水市への再訪はまだできていないのですが、この映画『真白の恋』によってもう一度あの風景に出会うことができました。しかもとびきり魅力的な真白ちゃん付きで。

最近ちょいと心が疲れぎみかも、という方。ぜひいらして下さい。

大阪でのライブが近付いてきた!

可南さん_convert_20170322191333

つちびと作家、可南(かなん)さんの個展が催されます。
『はらはらとヒカリ降る』 4月1日(土)〜15日(土)まで
会場は大阪府堺市の「ぎゃらりい ホンダ」です。
可南さんは毎日在廊されます。

また、期間中にボクらアルルカンのライブもあります。
「アルルカン・ヴォイス・シアター 多摩川物語イン堺やんけ」

ボクとピクルス田村君(G)のいつものコンビに、
2011年カンヌ国際映画祭招待作品『朱花の月』(河瀬直美監督)の主演、そして、マーティン・スコセッシ監督『沈黙』に於いて、とてもかわいそうな役(!)を演じた国際派女優、大島葉子さんが加わります。

ポプラ文庫から発売中の拙著「多摩川物語」の各短編に曲をつけ、朗読と歌を交互に織り交ぜていくスタイルのライブ。東京での公演は一部の方に熱狂的に支持されました。ぜひ、この舞台を体験されて下さい。

4月9日(日) 
場所)ぎゃらりいホンダ 大阪府堺市中区深井沢町3134
電話)072-278-3381
HP) hondayama.exblog.jp

17時半開場  18時開演 
3500円 終演後のパーティ、軽食付き

ライブの申し込みは電話か、honkan0811@yahoo.co.jp まで。
つちびとさんたちは無言ですが雄弁です。
じっくり話をされて下さい。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ