明日は9月11日

Siberia2011.jpg

 明日は9月11日ですね。2001年の同時多発テロはもう13年も前のことになりますが、ツインタワーが崩れるところを見て、真っ暗になったマンハッタンをさまよった体験は、つい数日前のことのように思い出されます。

 そこで明日は、Switch編集部の地下にあるレイニー・デイで、小島ケイタニーラブさん主催のイベントにて、全編ニューヨークづくめのトーク・朗読・ちょびっと歌もある時間を創れればと思っています。

 写真は、2001年の12月、ウェスト40丁目にある地下クラブ「Siberia」でのボクら「And Sun Sui Chie」のライブの模様です。ここはジャパン・マネーがマンハッタンの不動産を買い漁っていた頃、それに対する抵抗運動の中心地ともなったとんがったクラブです。それだけにボクらが9.11テロに対して強烈なメッセージを放つのではないかと期待したお客さんもいたのですが、ボクは敢えて何も言いませんでした。それは何故か、についても明日、お話しします。写真は当時すぐ近所に住まわれていた小林紀晴さんが撮ってくれたものです。

 18:30 OPEN 19:00 START
 参加費:前売・当日 2500円(1ドリンク込)
 会場:Rainy Day Bookstore & Cafe
 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F

コメントの投稿

非公開コメント

9月11日

もう、こんなに年月が経ってしまったのですね。
あの日、家族やファン同士で、「ドリアンさんは無事か」と電話やメールでやり取りをしたのを覚えています。
後日、新聞で無事である事を知りました。
辺りがあまりにも凄く言葉で表す事ができずに、ただ、ただ、テレビに釘づきになっていたのが蘇ります。
  
 いよいよ明日ですね。
楽しみです。

仕事です。行きませんが。ブログ感想待ってます。笑い。
アンドサンスーチー懐かしいです。
おー月見小僧大好きでした。
癒される曲。

命を賭けて命を奪い 命を懸けて命を救う

国もなく宗教もなく争いもない世界にするには
まだまだ全然想像力が足りないんだよね
この星は誰のモノでもないっていう‥

明日は一本の蝋燭を心に灯して参ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ