台湾デビュー!

山羊島的藍色奇蹟_convert_20150711171940

台湾でボクの著作集が発刊されることになりました。
その第一弾、『山羊島的藍色奇蹟』(卓惠娟訳/博識出版)の見本が
はるばる台北から届きました。
中国語でボクの小説が刊行されるのは初めてのこと。
送って下さった担当編集の方に大感謝です。

もとは『ピンザの島』(2014年ポプラ社刊)として世に放たれたこの小説。
黒潮を逆に辿るように台湾に上陸しました。

感じ入るのは表紙の絵の輝き。
小説内で、夜光虫の輝きが表現されているところが好きだと編集の方がおっしゃって下さり、
表紙絵の夜の海の虫たちは、暗闇で本当に光るような仕掛けになっています。

そして、初めて見た自分の名前。
ドリアン助川は、

多利安助川 になるんですね。

いいなあ、この字面。
自分も好きです。

来月は続けて二冊目の『あん』が刊行されます。
御礼を申し上げに台北まで行ってこようと思っています。

ピンザの島のラストシーン。
涼介が漕ぐ舟はどこに向かったのか?
続きを書いて下さいとよく言われました。

台湾、だったのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。
すごい。
このまま、世界まで。
ポプラ社すごい。いいぞ。

光るピンザも 欲しい

読めないけど 台湾版も 欲しくなっちゃいますね
台湾の お友だちにたのんで
手にしたいなど 思う真夜中

とにかく おめでとうございます

No title

夜光虫が輝く夜の海を感じをそもまま再現したなんて素敵な装幀ですね。多利安先生が、台湾でも広く愛されますように^^
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ