FC2ブログ

「線量計と奥の細道」文庫本発売

_convert_20210817134749.jpeg

震災の翌年、空間線量を測りながらおよそ2000キロを旅した記録『線量計と奥の細道』が、新たに文庫本として刊行されます。

8月20日発売、集英社文庫です。単行本(幻戯書房版)が第67回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しました。

文庫本あとがきとして、巻末に新たなエッセイを載せました。また、解説の中江有里さんの文章が胸に沁みます。

ようやく手に取りやすい形での販売となりました。オリンピックやコロナ禍で、被災地の情報がすっかり減ってしまった今だからこそ、読んでいただきたい1冊です。

コメントの投稿

非公開コメント

今、読んでます

この本、今読んでいるところです。3か月ほど前にこのブログで勧めてくださった、ぼくの村は壁に囲まれた を読んで、物事はいろいろな面から考えることが大事だと気づいた後で、この 線量計と‥を読み始めました。読後、どんな感想をもてるか楽しみな本です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
作家・歌手・明治学院大学国際学部教授

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2021年8月
名古屋「Tokuzo」(10日)
静岡「Uhu」(11日)
鎌倉「ダフネ」(14日)
ライブをやります
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ