FC2ブログ

「いのちの初夜」北條民雄の文学フェスを開催します。

IMG_20201202_0001_convert_20201202004235.jpg

 ハンセン病療養所から、まさに命を燃やして傑作を書き続け、23歳で他界した小説家、北條民雄の文学ライブ・フェスティバルを開催します。「ふるさとと文学2020~北條民雄と多磨全生園」(主催:東村山市 共催:日本ペンクラブ)

 12月19日(土)午後3時より、Youtubeの日本ペンクラブチャンネルに於いて配信します。
 https://japanpen.or.jp

第1部 中井貴惠さん(女優)による作品朗読「いのちの初夜」
第2部 竹下景子さん(女優)とボクの対談
    「わたしの東村山、そして多磨全生園」
第3部 神田松鯉さん(講談師・人間国宝)とボクの朗読バトル
    「北條民雄と川端康成の書簡」
    ここまでの司会・ピアノ 三咲順子さん

第4部 文学シンポジウム「北條民雄のいのちの意味」
    渡辺尚さん(東村山市長)
    中島京子さん(直木賞作家)
    吉岡忍さん(日本ペンクラブ会長)
    木村哲也さん(国立ハンセン病資料館学芸員)
    藤崎陸安さん(全国ハンセン病療養所入所者協議会事務
           局長)
    藤崎美智子さん(多磨全生園レストランなごみ店主)
    司会 ボク

 コロナ禍がなければ、東村山市民で満杯になったイベントだと思います。
 でも、考え方を変えて、無料、無観客で配信。全国のみなさんに観ていただこうということになりました。
 ぜひ、北條民雄が描こうとした「いのち」の意味に触れてください。
 リアルタイムではなくても、アーカイブでも観られます。

コメントの投稿

非公開コメント

書簡集

「いのちの初夜」はじめ、
書簡集も再読いたしました。

声が、言葉が、シンプルに訴えかける、
削ぎ落とされた中のステージを
期待しています。

改めて機会を頂いたことに
心から感謝します。
プロフィール
作家・歌手・明治学院大学国際学部教授

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2020年12月24日と25日
菊川の「なーじゅ」で
昼夜2公演の
歌謡ショーをやります
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ