FC2ブログ

千絵さんもすごい!

千絵ちゃんブログ

そして1月17日は、中島千絵さんのアルバム『One Thousand Pictures』のリリースコンサートに行ってきました。(@代々木上原 MUSICASA)

千絵さんは東京芸大の作曲家を卒業なさっていますが、ジャンルや型にはいっさいはまらないパフォーマーであり、縁の下の力持ちとしてたくさんの表現者たちを支え続けてきた義理と人情と芸術の作曲家でもあります。そういえば、つつじヶ丘の「くしのはな」にも来てくれましたよぅ。

ボクの大好きなスペイン舞踊団『ARTEY SOLEA』の音楽監督だったり、最近では山田洋次さんの『家族はつらいよ』など、本当に多様な作曲能力で多くの舞台を支えて来てらっしゃるんです。
でも、今夜は千絵さんが主役。

凄かったなあ。凄かった。いやー、凄かった。
なにが凄いって、その音楽とパフォーマンスは、こちらの気分で言うなら、メタセコイアの枝にまたがって芸術の夜空を観ている感じですよ。
つまり、降り注ぐ芸術。どこを切り取っても芸術。星の煌めきひとつひとつ、燦然と輝きつつ瞬時に消え、光うねりうねって音楽を降らす、噴火させる、あふれる、波になる、抱きしめる、泣いて転がる、でも微笑む。そういう感じなのね。

あまりに純粋過ぎないか。
世間に向けて多少の作り笑いがあってもいいのではないか。
切れ過ぎて、痛過ぎて、そんなふうに思わない箇所がなかったわけではないが、しかし、これが千絵さんの流儀なのだろう。

山田監督と舞台を作るときは当然、「対世間」というものもあるでしょう。しかし、彼女がソリストとして立ち上がる時、おそらくは己の命を賭けても、「ここに私がいる」という音楽であり、パフォーマンスなのだと思う。その覚悟よ。美し過ぎるわ。

帰り、新宿で一杯やるつもりだったのに、衝撃受け過ぎてやめました。飲んでる場合じゃないよ。ボクらの舞台も一ヶ月切ったからね。
やることやります。
それにしても、中島千絵さんは凄い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2020年9月27日(日)
渋谷ロフトヘブン
『新宿の猫』
無観客配信ライブです
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ