FC2ブログ

上野さんのサーターアンダギー

上野さん天ぷら_convert_20190124221516

『あん』の徳江さんの精神的モデルである上野正子さんと、23日夜、東本願寺「しんらん交流館」にて対談をさせてもらいました。おこしいただいたみなさん、ありがとうございました。満員でしたね。

上野さん、14才のときに発症されて、以来78年間、鹿児島の国立ハンセン病療養所で暮らされてきました。その間、作り続けていらしたのが、ご覧のサーターアンダギーです。

お会いするたびにいつもいただくのですが、今回もまた鹿児島から持ってきて下さいました。芋ではなく、カボチャで作られた逸品です。控えめな甘さが口中に広がり、胸のなかに木洩れ陽が現れたような気分になりました。

沖縄の高等女学校時代のクラスメートは、みんな「ひめゆり部隊」として亡くなったそうです。あまりにも壮絶で、目をつぶりたくなる話もありました。そのひとつひとつを経験されながら、それでも食べて喜ぶ人たちのために、動かぬ指で作り続けてこられたサーターアンダギーです。

コメントの投稿

非公開コメント

上野さん

カボチャのサーターアンダギー、心がこもっていて、とても美味しそうです。ハンセン病以上に、上野さんに与えられた宿命における生き方、そして戦争体験も詳しく後世に残すべきお話ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

東本願寺での対談に参加して下さった方への返信

東本願寺での上野正子さんとの対談をお聞き下さり、ありがとうございます。
こんなにも真摯に聞いていただけて、あの対談が実現できたことを「良かったなあ」と思います。
それぞれが経験したことを、深いレベルで伝えていけるかどうか。
それが文化というものだと思います。
ハンセン病差別から起きた問題はほぼすべて「負の遺産」というものですが、
しかしそこから見えてくるのは、決してくじけない人間の心から生まれるユーモアです。
「あん」で伝えたかったことのひとつはそこです。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2019年1月12日(土)
新刊ゆっくりサイン会
飛鳥書店
1月19日(土)
シリアを撮った写真家と対談
馬喰町ART+EAT
近刊
「カラスのジョンソン」(ポプラ文庫)
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ