吉井徳江さんに会えました。

uenosan-to_convert_20150130202023.jpg
 
 小説「あん」のヒロイン、吉井徳江さん。
 ハンセン病療養所のなかで甘いものを作り続けて50年、という設定でした。映画「あん」では樹木希林さんが演じます。
 実は、徳江さんにはモデルがいらっしゃるのです。そして28日朝、都内のホテルでようやくボクは「徳江さん」に会うことができました。鹿児島の療養所にいらっしゃる上野正子さんです。

 ハンセン病を背景にしながら、人間に対する普遍的な問い掛けと、自分なりのひとつの答えを描こう。そう思ってから、ずいぶんと多くの資料に目を通しました。そのなかで、ボクは上野正子さんの「人間回復の瞬間(とき)」(南方新社)と出会ったのです。

 読後、一人のおかっぱ頭の少女がボクの胸のなかに住み始めました。夢あふれる乙女の頃に発症し、肉親と別れて療養所に入らなければいけなかった彼女。甘いものと国語が好きで、療養所内で結婚もされて・・・。徳江さんの人生は、上野正子さんの人生なのです。もちろん、設定は違います。徳江さんはあんを炊きますが、正子さんはサーターアンダギーを作ります。徳江さんの故郷は愛知県で、正子さんは沖縄。でも、絶望に追いやられた少女が人生を生き抜こうとした力、勇気、努力はすべて正子さんのイメージから喚起されたものです。

 これまでは手紙を差し上げるだけだったので、会って御礼を申し上げることができ、「あん」という物語の最後のマルをようやく打てた気分になりました。

 上野正子さんも当然、療養所の外で暮らしてみたい、働いてみたいと思われた時期があるそうです。「あん」を読まれた時、こんなふうに感じて下さったそうです。
「物語のなかだけれど、その夢がかなったような気がした」

 そう言っていただき、ボク自身、どれだけ救われたことでしょう。
 「あん」という小説を書いて、本当に良かったと思います。
 でもその小説の起点となったのは、隣で柔らかく微笑まれている上野正子さんなのです。
 
                                  (写真撮影/富永夏子さん)

コメントの投稿

非公開コメント

いい写真ですね。
心の底から、嬉しいと感じる写真ですよ。
大変な苦労してきて、それでも一生懸命生きてきて。
今、多くの人達が。
ハンセン病と闘ってきた人の気持ちや。
体験話など。
少しずつ少しずつ理解して、今になり。
多くの人達が、理解してきた。
きっと、ハンセン病と闘ってきた人達にとって。長い道なりだったと思いますが。
やっとようやく心がときはなれたというか、いろんな気持ちが明るくなったと思います。

触れて 救われて 次へ

物語に 触れて
救われる人がいて
また 物語が始まってゆく
助さんの 開いてくださった扉
踏み出す人がいて
また広がって繋がってゆくですね
あぁ 素敵だ

「物語のなかだけれど、その夢がかなったような気がした」

なんという素敵なお言葉。

書いて良かったですね。作家冥利に尽きますね。

私も嬉しいです。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ