ドイツでも刊行されます。

友情の島-001_convert_20170813123349

小説『ピンザの島』がドイツでも刊行されることになりました。
ドイツでのタイトルは『友情の島』(かな?)
日本、台湾、フランスに続き、どんなみなさんが読んで下さるのか
とても楽しみです。

なお、NHKのラジオドラマ『ピンザの島』は
今夜7時20分からです。(NHK-FM)
役者のみなさん、音楽とともに素晴らしい。
特に、主演の林遣都さんの静かな熱演が胸を打ちます!

コメントの投稿

非公開コメント

Glückwunsch!

No title

表紙の島が私の想像する姿に似ている! おメェェでとうございますv-516(この絵文字、ヤギ?) ラジオドラマも聴きます!

No title

大変失礼しました。絵文字、ヤギではなかったような、、、ヤギと信じて眺めてください。

おめでとうございます

ラジオドラマ聴いています。
リアルを求める気持ち、わかります。
もうすぐ姥捨て山に行かされる年なのに。

ラジオ

ラジオドラマ、迫力ありました。情景が鮮やかに見えましたし、亮介役の林遣都さん、魅力的で見事でした。最後は力強い希望の光を感じました。

聴き逃しました

読んだのが翌日で‥(´Д`;) でも大丈夫!

らじる★らじる に聴き逃し者Q済コーナー(嘘)を見っけ~!ヽ(^o^)丿
同じく聴き逃された方、もう一度or何度でもお聴きになりたい方、↓へ飛ぶのだ♪

但し『ピンザの島』は 8月21日(月)午後0:00 配信終了 となってます。
http://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=P000025_01_6374
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ