フランスで2冊目の小説が刊行されます。

SUKEGAWA_Le_rêve_Ryôsuke_convert_20170420202001

来月、フランスでの2冊目の小説が刊行されます。
『リョウスケの夢』というタイトルですね。

出版社は『Les délices de Tokyo』(『あん』)に続き、Albin Michel(アルバン・ミシェル)です。

この作品のオリジナルは2014年に刊行した『ピンザの島』(ポプラ社)です。
自殺未遂の経験すらある迷える青年涼介が、絶海の孤島でチーズつくりに取り組みながら、
むきだしの命の強さを徐々に取り戻していくという話です。

といっても、それほど簡単なストーリーではありませんが。
もし良かったら、現在はポプラ文庫から出ていますので、読まれてみて下さい。
すくなくとも、チーズとは何か、ということについては学べます(涙)。

このフランス版、表紙のイラストは『あん』と同じく木内達朗さん。
そして翻訳者も『あん』と変わらず、Myriam Dartois-Akoさんです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

祝、チーズの国に逆輸出v-498
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ