糸魚川に行ってきました。

糸魚川1_convert_20170321160003

昨年末の大火から3ヶ月。
自粛ムードのなかで客足が絶えてしまった糸魚川にまずは行ってみよう。糸魚川の酒を飲もう。料理を味わおう。
そんな趣旨に賛同して下さった三十余名との二日間の旅が終わりました。

谷村美術館の仏像さえ観ていただければ、旅人それぞれの胸のなかで透明な花が咲くのではないか。もとの思いはそこにありましたが、いやー、行って良かったです。どなたかも書かれていた通り、二日間にわたってガイドをしていただいたアグリ糸魚川の梅澤さんを始め、出会う人がみな、糸魚川流コミュニケーション術の優れた使い手ばかり。「おまんた」の意味が、二日目には理屈を越えて伝わってきました。

うまい酒と料理。笑顔と土地の言葉。
水面のように穏やかな仏の眼差し。
鋭角的な雪山。清冽な山菜。翡翠の輝き。

そして、トマトの概念を軽く越える糸魚川のトマトジュースとの出会い。三十余名全員が感嘆の声をあげました。

解散後、ぶらつきながら個人的に入った蕎麦屋さんや寿司屋さんも素晴らしかったです。お店が燃えてしまったため、仮設店舗での営業なのに、本当に気の入った料理を出して下さる。

この街にまた行こうと思います。
参加して下さったみなさん、ありがとうございました。
梅澤さん始め、よくして下さった糸魚川のみなさん、
心からお礼を申し上げます。

ちなみにトマトジュースに興味がある方は、アグリ糸魚川のHPをご覧下さい。一口飲んだ瞬間にびっくりしますよ。

http://www.agri-itoigawa.com/category/8/
糸魚川1_convert_20170321160003


コメントの投稿

非公開コメント

お帰りなさい。
うわぁー!いい写真ですね。
皆がいい思い出になったと思うし、糸魚川の人達にとっても素敵な思い出になったでしょうね。
おいしい食べ物、食べていいなぁ。

音楽家みたいになりたいさんへの返信

ブラック焼きそば。食べた直後はさほどでもありませんが、今もう一度食べたくてうずうずしています。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ