大隈講堂までありがとうございました!

しばらく日がたってしまいましたが、
早稲田大学大隈講堂で行われた世界ハンセン病デー特別イベント
『明日に架ける橋』(1月29日)にお越し下さったみなさん、
ありがとうございました。

日本と中国のハンセン病療養所でボランティア活動を行っている早稲田大学のサークル「橋」とのシンポジウム。そして、中井貴惠さんとの朗読劇『あん』をこの日ぶじにやり遂げることができました。

準備、PRに尽力して下さった早稲田大学のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。三宅島で寝込んでしまったため、少々不安を抱えて高田馬場に向かったのですが、早稲田の杜を歩いているうち気力復活。打ち上げのビールまで一直線に進むことができました。

「橋」のみなさん、どれだけ人数が減っても、真摯な心を持つ部員が一人いれば、活動は続けていくことができます。ボクら作家も基本は一人。それでも物語を世界に放つことはできる。どうぞ強い心で、たくさんの国に「橋」をかけて行って下さい!

早稲田大学のサイトでも紹介されています! (クリック)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ