重版出来!

表1_1_convert_20161222221802

みなさんのおかげでドリアン訳『星の王子さま』(皓星社)、
発売から十日で重版出来となりました。
しかも、ほぼ初版部数に等しい大増刷です。
ありがとうございます!
サンテックスの手紙の訳などもあとがきに加えています。
この機会にぜひ触れてみて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

早く読みたいです

すばらしいですね。
おめでとうございます。
クリスマス迄に手に入らなかったので、お正月に拝読します。
多くの方に読んでいただけますように。

No title

v-354v-354v-360

星の玉子さんへの返信

ありがとうございます。ぜひ、お正月に王子さまとランデブーされて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

二度あがる...!

読みました!登場人物の体温がいままで感じていたよりも二度ほど高く感じら...。あのあきんどや、よっぱらいでさえ、単に「愚かしいひとたち」と言い放つより、どこかなつかしいひとびとになっている。そして、王子さまも。蜃気楼のようなたよりなさから体温を感じられました。そういうところ、ドリアンマジックなのかもしれない...などとうがってみたり。この本は作者の恋人に送られたものだとばかり思っていたのに、あとがきではちょっと違う解釈もくわえられていて、新鮮でした。フランス装にも、気持ちがあがりました。よい本を、ありがとうございました。

ジンジャーさんへの返信

『あん』を読んでいただき、ありがとうございます。
ハンセン病問題を背景にしてはいますが、
お察しの通り、もっと普遍的なレベルで「生きる意味」を問うことがテーマでした。
ボクの本ですか?
うーん、紀伊国屋さんとかジュンク堂さんとか、
大きな本屋さんに行かないとあまり置いていませんね。
やはりAmazonが品揃え豊富です。

ももんがさんへの返信

『星の王子さま』を読んで下さり、そしてこんなにも感じ方にあふれた、いきいきとした読後評を送って下さり、ありがとうございます。訳しているときのボクは、いたずら小僧のような顔をしていたと思います。だって、それぞれの星で出会う人々に、これまでにない命を与えようと「わるだくみ」していたのですから。ももんがさんが今後、ぼくの「わるだくみ」に気付くときがあり、どこかでご一緒していただけるなら、たいへんたいへん嬉しいです。

No title

わー!!!

1月1日にお返事頂けるなんて~!!!!!

ちゃんと 送信されているかも?だったので、

お返事いただけていることにびっくりしました。

ありがとうございます♪

星の王子様やバカボンの本や 多摩川物語、、、ドリアンさんの本、これからゆっくりいろいろ読んでみたいと想っています。

また こちらも引き続き 楽しみにしています。

ジンジャーさんへの返信

ジンジャーさん、ありがとう。
ぼく、ジンジャーを料理やお茶にまじで入れるんです。
今年もジンジャーの力で物語を書きますよ。

No title

ドリアンさん、ありがとうございます!!

ジンジャーの力で物語書きますよ!なんて、
なにも貢献してないのに、貢献してるみたいで
嬉しくなっちゃいます。名前をジンジャーにしといてよかった♪  実はわたしも大好きで、よく食しております。

次の物語の誕生がますます楽しみ~!!!


プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ