海の子

IMG_0843_convert_20161030224159.jpg

新刊『海の子』(ポプラ文庫)の紹介をさせてください。
海釣りと魚料理の醍醐味、一匹の魚の味に秘められた人間模様を中編四話に仕上げています。

八年前、単行本『花鯛』(文藝春秋)として出させていただいた一冊です。現在の力で(成長したのか劣化したのかはともかく)、それぞれの物語をブラッシュアップしました。第一話の『花鯛」は結末が変わっています。

二十代から三十代にかけて、ボクは海釣りと魚料理に入れあげました。今は小坪の鮎丸という船に年に一度乗るかどうかの書斎フィッシャーマンになってしまいましたが、休日とあらば海に出ていた頃の情熱がこの四編の物語『花鯛』『オニカサゴ』『寒平目』『甘鯛』に昇華しました。

秋の夜長、燗などつけつつ、海釣り小説はいかがでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

確実、着実なブラッシュアップと感じました。
あとがき…に、あたるところを是非お伺いしたいです。

多摩川物語もおもしろかったので、こちらも読みます!楽しみ。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ