外国での初のサイン会

パリサインの列+のコピー_convert_20160630064203

長い列となったサイン会は、全員に書き終わるまで1時間以上かかりました。
10歳のお子さんを亡くされたお母さんが、
「これまでずーっと胸が苦しかったのだけれど、あなたと会えて、その辛さが少し和らぎました」と言って下さった時、
「あん」を書いた良かった、パリまでやって来て良かったと本当に思いました。

そのお母さんと目を合わせることができた短い時間が、
ボクのなかでひとつの果実になっているのです。

コメントの投稿

非公開コメント

感動❗

すばらしい❗
もらい泣きしてます(ToT)。

って、ドリアンさんは泣いたとはおっしゃってないけど、胸を熱くして、あとでこっそり涙したはず。。。

良かったですね。
いい言葉もらって。あなたに出会えて良かった。
ドリアン助川さんの本が海外まで広がり良かったです。
この前朝日新聞に、ハンセン病患者さんの関係する本が出たと本広告宣伝に載ってました。違う方の本でしたが。
今、注目になっているんですね。
検索したら昔から、海外でもあるんですね。
だから世界的に話題になっているのでしょうか。

そのかたのこころがすこしでもやわらいだこと。よかったですね。世界中の苦しみ悲しみの火がすこしでも小さくなっていくこと、こころから祈ります。国を超えて、伝わっていくドリアンさんの人となり、優しさや深さを改めて感じました。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ