多摩川物語

 tamagawa-monogatari.jpg

 読書の秋、ワインの秋ですね。
 
 コオロギの翅音を聴きながら、頁をめくる夜。

 来月5日に発売される『多摩川物語』(ポプラ文庫)。

 (書店に並ぶのは7日くらいからだと思います)

 見本が届いたので、みなさんにいち早く紹介いたしますね。


Amazon商品ページ


 表紙絵は、透明で、切なく煌めく多摩川の夕景。
 
 そして、未来へと通じる扉を前にしているような二人。
 
 この絵と挿画を描いて下さったのは、アーティスト四宮義俊さんです。
 


 既刊の短篇集『大幸運食堂』を文庫化したのが本書です。
 ただ、そのままではありません。本来は多摩川流域の物語ですので、
 今回はすべての物語に地名を入れ、リアルに緻密に書き直しました。
 終わり方が変わってしまった物語も2話あります。
 また、『大幸運食堂』では割愛された「水面の詩」が復活、ラストを飾っています。

 旧『大幸運食堂』からは、これまでに2話「花丼」と「明滅」が
 NHKラジオの『ラジオ文芸館』(毎週土曜日朝8時)に取り上げられ、
 朗読ドラマとなりました。そしてついに3話目、「本番スタート!」が、
 来週土曜日、11月1日の『ラジオ文芸館』に登場します。
 
 全8話のうち、3話もドラマ化していただき、本当にありがたいです。
 

 忙しい時間だと思いますが、もし良ければみなさんも聴かれてみて下さい。
 なんとなくではありますが、気持ちが新たになる短篇だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

絵すごいですね。
表紙いいなぁ。と思って買う人達もきっといるでしょうね。
もちろんファンの方々や、タイトルとか。
ドリアンさんの本面白いです。
はまったのは、ゲロリン。超読み時間あっというま。
ゆっくりも、メキシコ人は。
超面白く。
しかしあんなに分厚いメキシコ人は、本当に読んでいて想像力が、なんというか。頭に浮かんできます。
吸い込まれるように、面白く進みました。
作家さんも、すごいですね。

捨てがたく捨てられず

前身の『大幸運食堂』は
大切な大切な 愛読書でもありました
あの 手触りのよさ
捨てがたいですが
今度の 装丁も
捨てられぬ
より 肌身に近いものに なりますように

No title

東横線にも多摩川という駅がありすぐそばに土手がありますが、ずっととことこ歩いて行くと、物語の舞台に辿り着くのかしら....。読むのが楽しみです!

ラジオ文芸館

この番組は毎週聞いています。
今度の土曜日はよけい楽しみです!

この前。スーパーに行ったら。
食用の菊の花が売ってました。
矢口高雄先生の、釣り吉三平がパックに描かれてました。
見たら。ドリアンと思ってしまいました。

買いました

Amazonで買おうと思っていたのですが、今日、駅前の本屋さんに並んでいるのを見つけて、早速買いました。ポプラ文庫のコーナーの、一番目立つところに置いてありました。

No title

拝読いたしました!すごくよかった......。どのひともどの風景も、すべてに温度があるみたいで。映画をみているみたいでした。わたしが知ってる多摩川は、和泉多摩川あたりなのですが、きっと物語の舞台のあたりと、それほどはかわらない風景なのかなあ。と、イメージしながら読みました。ほんとに、どのお話も素敵です。感動すると、こころにどしりときて、しばらくはぼうっとしてしまいますね。切なくも幸福な読書体験をありがとうございました。

No title

購入いたしました!表紙の絵もとても素敵ですね。
大幸運食堂との違いも楽しみながら読んでいます。
全部すきなのですが特に「花丼」が大好きです!
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ