一冊書き上げた!

 waseda-sideline.jpg

 金曜日、俺は仕事がうんとたまっているのにジュリエット・グレコに会いに行った。舞台に彼女が登場した時、本当に鳥肌が立った。87歳の歌声。声は掠れていたが、お腹からきちんと力強く出ていた。敬服した。その生き方に感謝した。

 土曜日、俺は締切を二つ抱えているのに、憧れのトランペッター、近藤等則さんに会いに行った。ペットから火花が出ていた。俺は生まれて初めて、ラッパを吹いている老子を見た。聴いた。感じた。近藤等則さんは地球という生命と同化しながらバイブレーションの祭りをやっている。いや、近藤さんはその唯一無二の手法をもって、地球を励ましているのだ。言葉がなにも出て来ず、靖国通りを長い距離歩いた。世の中には凄い魂がある。

 日曜日、俺は今日こそ仕事をしなければいけなかった。絶対しなければいけなかった。なのに気付いたら、日大フェニックスと早大ビッグベアーズの闘いの場にいた。二時間に及ぶ死闘をまばたきもせずに見ていた。日大の選手は命懸けでぶつかってくる。早大も真摯ではあるが、どこかちぐはぐだ。それが試合の結果になった。でも、素晴らしいものを見せてもらった。この競技を高校卒業とともにやめてしまった俺のなかの未練が、若い人々への嫉妬という形で燃え上がる。

 ああ、だからずっと机に向かっているのだ。
 
 今はこうしなければ、どこかに飛んでいってしまいそうだ。

 そして今朝方・・・本一冊分の原稿を編集者に送った。
 まだ小説の短篇が残っているが、これは心のなかで歌いながら書く。
 いや、いろいろとまだ序盤戦だ。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も、壊れかけの窯で 夜中から本焼きを始めました。ドリアンさんみたいに、歌いながら・・私も展示会を迎えれたらいいな

No title

しめきりにはらはらしつつ、ドリアンさんがエネルギーを溜めていくかんじが伝わっきて、わくわくしました。送りつづけるって、大変なことですね。ドリアンさんからエネルギーをもらってるひとがたくさんいると思います。わたしもそのひとり。本を楽しみにしています。

すてきなこと

会いたい方に会いに行きながら、仕事もこなしてしまう。
そんなドリアンさまの生き方が、なんて素晴らしい事でしょう!

すごいですね。いろんな夢を叶えながら、仕事もこなす。
行ってきたのですね。アルルカンが、ライブしてから。
ホームページチェックしているお店です。
いろんなイベントやってますよね。
ガラス展と、朗読参加したことあります。他にも、行きたかったイベントありましたが。参加できませんでした。
アルルカンのおかげで、芸術の集まる店知りありがとうございます。
トランペット奏者、すごいですね。
人生の先輩が吹いているとは。
映像も見るんですよね。確か。ホームページで。紹介で、海の景色だったと思います。すごそうですね。
と、いろんな体験してますね。
行きたい場所、足運べて素敵です。
自分は、今週行きたい場所夢あっていても、行きませんでした。
青梅市だったか。テディベアと鳥の展示会と、下北でロックミュージシャンの楽団がありました。
行きたいと思いながらも、昔に比べて東京遠いなと思ってしまいます。
助川さんみたく、見習いたいです。
やっぱりやりたいことやったほうが、いいのでしょうね。
仕事と家の往復だと。。。

また そんなこんな うたを 

ころがして
ころがりでてきたのを
ひろいにいくたのしみを
よこくへんみたいにもらえて
うれしいうれしい

秋刀魚は今年も美味

突貫小僧さまはまたどこかに飛んでいってしまわれたのかしら‥
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ