早稲田で待っております!

いよいよ今週土曜日、
早稲田大学の大隈(おおくま)講堂にて、
朗読劇「あん」の幕が開きます。

当初、会場は大隈小講堂の予定でしたが、
お客様の予約が想定数を越えたため、
大隈大講堂での公演となります。
予約していただいたみなさん、
ありがとうございました。

10月15日までの予約受付となっていますが、
さすがに大講堂とあって、
あと5万人くらいは入れます。
当日の入場、いくらでも可能ですので、
みなさん、ぜひいらして下さい。

入場無料です。

16時半より、
ハンセン病問題支援の学生NGO「橋(Qiao)」と
元患者代表、森元美代治さんと私によるシンポジウム。
17時半より、
朗読劇「あん」です。
中井貴惠さんの徳江とワカナ、
ピクルス田村君のギターは本当に素晴らしく、
耳に記憶として残ります。

終演後は、ボクと貴惠さんのサイン会も行います。

高田馬場駅から早稲田大学行きのバスに乗れば、
終点が大隈講堂です。

では、お待ちしています!

コメントの投稿

非公開コメント

早稲田。助川さんの母校。
その他芸能人が卒業した場所。
生徒、先生、関係者なら通えますが。
なかなか縁ない私には、このようなイベントじゃなきゃ行けません。
しかし残念ながら仕事でございます。
みなさん楽しんできてください。
その日、新都心でも。
ツールド?があるそうで。
シャカリキという漫画昔読んでいた私は、一度たくさんの人達の自転車競技?みてみたいです。
24日いいですね。いいなぁ。休みならいいが。どうしても無理です。
しかし話かわりますが、大きな会場に変更とは。
素晴らしいおめでとうございます。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ