東村山での公演を終えて

一昨日23日、東村山で行われました朗読劇「あん」におこしくださった皆さん、
ありがとうございました。

2公演とも満員でしたね。そして終演後、長く熱い喝采をいただきました。
中井貴惠さんもボクも、そしてギタリストの田村君も、
静かに胸にこみあげてくるものを感じながら会場をあとにすることができました。
この公演のために尽力していただいた実行委員会のみなさんに
あらためて御礼を申し上げます。

また、会場では、豪雨の被災地である常総市への募金箱を置かせていただきました。合計¥125.424の寄付をいただきました。これを二分割し(それぞれ¥62.712)、貴惠さんは難民支援の会を通じて、避難所への食事、下着代などに、またボクは車椅子の行政書士、古性隆さん(あおば行政書士事務所)を通じた常総市へのエイドにこの金額を足させていただきます。本当にありがとうございました。

全額を古性さんにお届けする約束で購入していただいているアルルカン洋菓子店のアルバム「星屑通りで店開き」。こちらも、本日、ほぼすべてのみなさんへの発送作業が終わりました。みなさんからのお振込を今月いっぱい待ちまして、できれば来月早々にでも古性さんに届けに参りたいと思います。ご支援いただいたみなさん、重ねて御礼を申し上げます。

朗読劇「あん」、次回は10月24日午後4時30分より、早稲田大学大隈講堂です。この日に限り、無料公演となります。
問)早稲田大学文化企画課 03-5272-4783
art-culture@list.waseda.jp

コメントの投稿

非公開コメント

生ギター演奏と(ギターの音好きなんです)プロの朗読劇はとても素晴らしいと、娘と共に感想を話しながら帰路の電車に乗りました。

ドリアンさんの響きわたる声に〝いい声だね〟
(どら焼きいかがですかのセリフはあまりの通る声に…凄かった…と、言い…真似てみたりしています。発声に興味をもったのか⁉︎と、わたしの思う箇所とは異なる感受性に少し笑ってしまいましたが、娘のそんな興味所の新発見になり…良かったです(笑))

そして、貴恵さんの優しい声に〝本当の女の子みたいな可愛い声で驚いたね〟
〝おばあちゃんの声はどうやって出すの?〟
〝美人な人だねぇ 羨ましいな〟と。

【あん】、映画は未だ観ていません。
親娘で本を読みました。

わたしは高校生の頃、学校の課外授業で鑑賞した映画【砂の器】でハンセン病を知りました。
驚きました。
悲しくなりました。
泣きました。


あの作品は殺人事件でしたね。
正直、とても暗い内容だと思い、せつない気持ちで見終えました。

話しがとっ散らかった感じになりますが…。
わたしの父は全生園に入所していました。(知ったのは、娘を産んだ後です)

徳江さんとは違い、外での人生も生きた人でした。
色々な、本当に色々な事があったようです。

今は、亡くなっていて、父から話しを聞く事はできません。
生きていた時もハンセン病の話しは直接は聞いていません。

ただ、何かがあった事は日々の会話から気付いていました。でも、ハンセン病だとは全く分かりませでした。
聞いてあげられなかった事は心残りです。

差別の償いは…償いきれないと思っています。
もちろん、反省や償いはあるべきと思っていますけれど…。
わたし個人の意見です。

わたしが、現在の娘の歳に知ったハンセン病と差別です。

いつか娘にも知って貰いたいと思っていた時の【あん】(本)でした。

〝酷いね、差別。自分が病気になったらどうするんだよ〟
〝千太郎、ちゃんとなって良かったね〟
これが17歳の娘の感想でした。

これで良いと思いました。
これから先、大事な所が分かっていたら大丈夫だと思いました。親バカですが。

【あん】書いてくださり、ありがとうございます。
嘘の様なタイミングで娘に伝える事ができました。

早稲田での上演、頑張って伝えて下さい。


仕事の都合で、なかなかいけないですが。
感想や、観に行った人達の体験話聞くと。
わぁーやはり生のライブだよな。
行きたいな。なんて思い感動します。

砂の器

図書館のDVDの場の砂の器に目がとまり、早速借りてきました。
もう泣けて、泣けて・・・。
観ておもいだしました。
宿命は若い頃聴いた記憶があります。
そして、再びみています。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ