こんなことって・・・

IMG_0842_convert_20161026192203.jpg

こんなことがあるんだろうかと、今日はホロリと、視界が霞みました。
中国から帰ってきたら、11年間使ってきた Macが起動しない状態になっていました。
なにをやっても、もう目を覚ましてくれないのです。
しかたない。11年ですから、寿命ですね。

外付けハードディスクで本の原稿などはバックアップしていましたが、
およそ6000点ほどの写真がアウト。音楽もアウト。
なんとかデータの取り出しを願い、今日パソコンショップに行ったのです。
小説の締め切りも迫っているので、新しいMacも買いました。

それで・・・これまで使ってきたMacは分解します、とのこと。
長年触ってきたキーボードもゴミとして運ばれていきました。
相手は機械ですが、いったいどれだけの作品をこのMacで生み出してきたのだろうと考え、感無量になりました。

なんといっても、11回書き直した「あん」です。
迷路のようになってしまった作品がシンプルになるまで、
3年もの間よくぞ耐えてくれたMacです。分解され、壊されるMacに向けて、
ボクはそっと「ありがとう。これまで」と念じたのです。

そうしたらね。
こんなことってあるんだろうか。
パソコンショップで流れていたうるさい音楽(たぶん有線)が、突然この曲に変わったのです。
聞き覚えのあるあの澄んだ歌声が胸をつかみました。

「水彩の月」(秦基博)
そう。映画「あん」のために秦さんが書き下ろした曲です。
エンディングで流れていたあの曲。

「ねえ もしも 君にもう一度 会えるとしたら
うまく言えるかな

いつかと 同じ 水彩の月の下でも
また その横顔 見てるだけかな

話せなかったことがたくさんあるんだ
言葉じゃ足りなくて
僕は君へのこの想いにかわる明日を
あてもなく 空に 探しているよ」

相手は、機械です。
でも、11年間毎日いっしょにいた友でした。
それが・・・壊されてしまう最後の瞬間に・・・
何かお互いに通い合ったような気がしたのです。

パソコンショップの店内が滲んで仕方なかった。
ありがとう。貧しき日々をずっと支えてくれたi-mac5。

蟹の城

IMG_0836_convert_20161026192122.jpg

蘇州訪問から上海に戻る途中、上海蟹の名産地だという陽澄湖に寄りました。
なんと、写真でご覧になれるすべての建物が上海蟹のレストランです。
しかもこれらのレストラン、すべて鰻の寝床のような構造になっていまして、
廊下がずーっと続く長大なつくりなのです。
それがこれだけぎっしり。

この日は台風直撃で猛烈な雨でした。
でも、駐車場は暗くなる前からいっぱい。
中国の人たちの食にかける熱意は凄まじいものがあります。

で、肝心の上海蟹はどうだったかというと・・・
まあ、これはこれ。
味噌が豊富なモズクガニですね。
でもやはり、毛ガニや松葉ガニの方がはるかにうまいかな。
比べるものではないのだろうけれど。

ただし、上海蟹の味噌をつまみにいただく白酒(パイチュウ)。
これは絶品でした。

北京大学を訪れました。

IMG_0819_convert_20161026192003.jpg

国際ペンクラブの交流の一環として、中国を訪れました。
ボクにとっては初めての中国。初めての北京です。
ある一日は北京大学の大学院を訪れ、日本文学専攻のみなさんと向かい合いました。
みなさんとても奇麗な日本語を話されます。

日本と中国の間にある意識の壁。
こちらからは「なにがあなたたちにとって精神的タブーになるのか」といった問いかけ。
「あん」に於けるタブーと、タブーを破るための一部の暴力の間にはどんな差異があるのか。
あるいは「なにを読んだらいいのかわからない」という苦悩も聞こえてきて・・・

イデオロギーの差はあれど、
言葉を交わすうちにどんどん笑顔が増えていく中国の若者たちと日本のおじさんたちなのでした。

もっと長く、話したかったな。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
5月3日(祝)
新宿ブルースナイト
明治安田生命ホール

6月22日(木)
原宿クロコダイル
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ