Start Line

startline_convert_20160808130454.jpg

心から喝采したドキュメンタリー映画を紹介します。
今村彩子監督「Start Line」

生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督は、お母様を亡くされたことをきっかけに、これまで得意ではなかった「聞こえる人とのコミュニケーションの壁」を乗り越えるため、沖縄から北海道・宗谷岬までの自転車の旅を企てます。

カメラマンでもある伴走者に叱られ、怒鳴られ、「コミュニケーションを、あなた自身が切っている」なんてものすごいことを言われながら、走りも走った57日間、3,824キロの旅。

彩子監督が泣いているとき、ボクも泣きました。彩子監督が笑っているとき、ボクも笑いました。彩子監督が深く考え込むとき、ボクも深く考え込みました。

そして終盤に現れる、やはり耳が聞こえないサイクリスト、オーストラリアからやってきたウィルの、星空のごとく輝く人生観。

いっしょに自転車旅をしている気分でした。すぐ横で自分も伴走していました。なんと爽やかで、力に満ちた作品でしょう。
もし良かったら皆さんもご覧下さい。ボクたちのスタートラインがどこにあるのか、そのこともそっと示唆してくれる傑作です。

東京では新宿K's cinema 9月3日(土)より
名古屋ではシネマスコーレ 9月17日(土)より
大阪では第七藝術劇場 9月中に公開予定
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
5月3日(祝)
新宿ブルースナイト
明治安田生命ホール

6月22日(木)
原宿クロコダイル
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ