歴史的瞬間に立ち合った

infinito_convert_20151127230944.jpg

カタール行く直前に、地軸がずれ動いたんじゃないかと思うくらいの
ものすごいものを観て(体験して)しまったので報告します。

鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団の新作公演「無限」。
音楽監督とヴォーカルをつとめた中島千絵さん(写真中央)にご招待いただき、
日本橋劇場にうかがいました。

ボクは学生時代、新宿のフラメンコ居酒屋「nana」でバイトしていたこともあり、
流れでエル・フラメンコにもよく通いました。
まったくの専門外ですが、
スペインからの舞踊団も含め、相当数観ている方です。
それゆえに、フラメンコが持つ徹底的な形式美について
その不自由さと、不自由であるからこそ到達可能な悲哀という
黄金律にも似たバランスのなかで固定観念ができあがってしまっていたのです。

フラメンコは形式から逃れられない。
逃れちまったらもうフラメンコじゃない。
そのくらいの思いです。

ところが今日は、正面からはっ倒され、後方に百回くらい転がされた感じがあります。
見事に一度フラメンコを解体し、
その緊密な再構成のなかに人間の持てる力をありったけ注ぎ込んだ新次元の舞踊。
つまりこれは一種の人間意識の解体であり、等しく懐胎でした。

ものすごいよ!
歴史が今日動いたんだもの。
それを目撃できたんだもの。

人類は、人類という難題を抱え込んだ。
ならば、ボクらは人類を取り戻さなければならない。
パリのテロのあと、そんな意味のことを書きました。
それがもう始まっている。
世界のどこに出してもエンドレスの拍手間違いなしのパフォーマンスの誕生です。
今日の観客席も、心からの拍手が大きなウエーブになっていつまでも続きました。

この人たちは最初から世界を視野に入れている。
もとの地平が全然違うところにある。
あの圧巻の群舞、歌、音楽! そう思わざるを得ません。

ついに、こんなものが誕生してしまった!
今日は新作公演としての楽日でしたが、きっと再演があるでしょう。
こちらに情報が入ってきたらお伝えしますね。
それにしても、人類はすごい!

これは文字通りinfinitoな連続公演になるかも。

live151115_convert_20151127124739.jpg

アルルカン・ヴォイス・シアターとしての今年最後のライブのお知らせです。
「叫ぶ詩人から歌う道化師まで」と題し、
この二十余年の楽曲から「あん」までを辿ります。
ギタリストはピクルス田村。
スペシャルゲストは「弾く米国人」
ニューヨークで結成したアンド・サン・スー・チーのベーシスト
Geoff Hash です。

12月20日(日曜日)
Eggman Tokyo East
(http://www.egg-mte.com/index.html)

東京都千代田区岩本町2-6-12 B1
03-5829-6400
open 18:00 start 18:30
前売3090 当日3600  (プラス1ドリンク520)

申し込み info@egg-mte.com あるいは電話で。

写真は今月15日の大阪堺、ぎゃらりいホンダさんでのライブの様子です。
ちなみにボクは明日から映画「あん」の上映があるドーハの映画祭に行ってきます。
カタールに入国するのは初めて。
希林さんや永瀬さんもいっしょです。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ