心に灯がともる本

kakuri_convert_20150826175332.jpg

胸に灯がともる一冊の本を紹介します。
『隔離の記憶 ハンセン病と いのちと 希望と』
(高木智子/彩流社)

著者の高木智子さんは、新聞記者です。
全国の元ハンセン病患者のみなさんに出会い、
それぞれの精一杯の、さらに精一杯のいのちの息吹きを、
この本を通じて、
文字で伝えようとしてくれています。

でも、文字ではないんですよね。
高木さんが著して下さったのは、
明滅する生命そのもの。
人のなかに秘められた止まない波のような力。

高木さんにはこんなことを尋ねたことはなかったけれど、
取材のあとでどれだけ泣かれたことだろうと思います。
そして同時に、
この病気、この試練を乗り越えていらしたみなさんから
たとえそこに指がなかろうと、
どれだけ手を差し伸べてもらい、
どれだけの生のイメージを与えてもらった人なのだろうとも思います。

高木さんのかけがえのない日々、
二度と同じ様相にはならない空のごとき心象も
この本から受け取れます。

『あん』の執筆が、
一人の元患者の「存在に対する視線」をもって普遍的な生を問い直すことに目的があったように、
多くのみなさんの人生を紹介するこの本もまた、
ハンセン病にまつわる苦の歴史を開示するに留まるのではなく、
その闇にあって、自ら光を放とうとする人たちの心を、
目の前に静かに差し出してくれるのです。

『あん』がきっかけで、高木さんに出会えて良かった。
高木さんがきっかけで、人生のマウンドから降りず、
どれだけ打たれても完投したみなさんに出会えて良かった。
もし今、なにを読もうかと迷われている方がいらしたら、
本書に少しでもいいから触れられてみて下さい。

この本のなかに収められている塔和子さんの詩。

『師』

私は砂漠にいたから
   一滴の水の尊さがわかる
海の中を漂流していたから
   つかんだ一片の木ぎれの重さがわかる
闇の中をさまよったから
   かすかな灯の見えたときの喜びがわかる
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ