連帯について思うこと


 solidarité(連帯)という言葉が今、フランスではキーワードになっています。
 表現者として、民主主義者として、
 暴力に屈しないぞ、というみんなの気持ちがこの言葉に託されています。
 もちろん、ボクもその通りだと思います。
 今ボクたちは「恐れてはいけない」。

 ただ、「連帯」の力が発揮されるなかで、
 ほとんど大半の穏健派であるムスリムの人々が、
 「敵」として認識されていく可能性がある時流に、不安も覚えるのです。
 ボクらに、なにができると思いますか?

 2001年9月11日のテロを目撃して以降、
 問題は対「敵」ではなく、人類に内包される宿痾であると
 ボクは認識しました。
 イスラム過激派の問題も、ボクは構造的な貧困と切り離せないと思っています。

 もちろん、彼らがやったことに対しては100パーセントの拒絶があるのみです。
 しかし、それでも思うのです。
 彼らが孤児でなければ、寝入りばなに物語を読んでくれる大人がそばにいたのであれば、腕まくらしてくれる人がいたのであれば、この結末につながっただろう
か?
 パンクロックがなくなり、革命も遠くなり、
 追い詰められた若者たちがイスラム過激派に走る今、
 ボクたちクリエーターには、経済とは別の意味で、
 やるべきことがたくさん見えてきたのではないでしょうか。

 今、トーベ・ヤンソンが生きていたら、
 キリスト教の子も、イスラムの子も、そしてボクたちも夢中になれる 
 新しいムーミンを生み出したかもしれない。
 それは宗教を越えた、本当の意味での新しいsolidaritéなのだ。
 ファンタジーの力が今、問われている。
 そのことを感じないクリエイターは、どんな地位にあろうと偽物だ。
 ボクは今そんなふうに思います。

 創造できる人よ。今こそ立ち上がりましょう。
                         ドリ
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
5月3日(祝)
新宿ブルースナイト
明治安田生命ホール

6月22日(木)
原宿クロコダイル
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ