多摩川物語

 tamagawa-monogatari.jpg

 読書の秋、ワインの秋ですね。
 
 コオロギの翅音を聴きながら、頁をめくる夜。

 来月5日に発売される『多摩川物語』(ポプラ文庫)。

 (書店に並ぶのは7日くらいからだと思います)

 見本が届いたので、みなさんにいち早く紹介いたしますね。


Amazon商品ページ


 表紙絵は、透明で、切なく煌めく多摩川の夕景。
 
 そして、未来へと通じる扉を前にしているような二人。
 
 この絵と挿画を描いて下さったのは、アーティスト四宮義俊さんです。
 


 既刊の短篇集『大幸運食堂』を文庫化したのが本書です。
 ただ、そのままではありません。本来は多摩川流域の物語ですので、
 今回はすべての物語に地名を入れ、リアルに緻密に書き直しました。
 終わり方が変わってしまった物語も2話あります。
 また、『大幸運食堂』では割愛された「水面の詩」が復活、ラストを飾っています。

 旧『大幸運食堂』からは、これまでに2話「花丼」と「明滅」が
 NHKラジオの『ラジオ文芸館』(毎週土曜日朝8時)に取り上げられ、
 朗読ドラマとなりました。そしてついに3話目、「本番スタート!」が、
 来週土曜日、11月1日の『ラジオ文芸館』に登場します。
 
 全8話のうち、3話もドラマ化していただき、本当にありがたいです。
 

 忙しい時間だと思いますが、もし良ければみなさんも聴かれてみて下さい。
 なんとなくではありますが、気持ちが新たになる短篇だと思います。

英文添削

tokachi-banei_convert_20141024194456.jpg


昨日まで「くしのはな」の代行シェフを三日間やらせてもらいました。
大鍋のあげさげで腰をやっちまうし、
小玉葱100個むきで指先ははれあがるし、
包丁であっちこっちスパスパ切るしで、まさに厨房は塩胡椒の飛び交う四角いリング!

でも、お越し下さったみなさんのお陰で、
素晴らしい休日となりました。
異常に忙しかったけれど、心身ともにすっきりした感じです。
ふだん使わない脳が刺激されたからかな。
こうなりゃ老後はビストロの親父かな。

ところで、先日のメリーゴーランドの馬からのメッセージ。
ある方が、ボクの英文ではあんまりだと思われたのか、
惚れ惚れする英文で翻訳し直して下さいました。
美しい英文です。
紹介しますので、うっとりして下さい。
写真は、十勝のばんえい競馬の厩舎で撮った本物の馬くんです。


あなたが私の背中を忘れてから、
どれだけの歳月が流れたのだろう。

元気でやってますか?

あの頃と同じように、
ここからはいつも輝く地平線が見えるよ。

もし迷っているなら
私の目を思い出して欲しい。

私には見える。
再び歩きだすあなたが。



How many years have slipped away

Since I fell from your mind.

I wonder how you are faring.

The shared sight of that shimmering
horizon still I see.

Look once more with those eyes
when lost.

Yet I know your first few steps
are certain.

馬の心

merry-go-round_convert_20141020203027.jpg

あなたが私の背中を忘れてから、
どれだけの歳月が流れたのだろう。

元気でやってますか?

あの頃と同じように、
ここからはいつも輝く地平線が見えるよ。

もし迷っているなら
私の目を思い出して欲しい。

私には見える。
再び歩きだすあなたが。

How many years have passed,
Since I vanished from your mind?


Are you all right?

Still now ,
As those days of galloping with you,
I can always see the glittering horizon.

If you were lost now,
Call my eyes to your mind.

I can see you.
You will get back on your feet.

一段落

hanayashiki_convert_20141016085342.jpg

二ヶ月かかった執筆作業が一段落し、
これからはCDのジャケットの絵を手がけたり、
サイトのリニューアルなどにようやく着手できます。
そこで、今朝の気分を詩のようなものにしました。
写真は浅草花屋敷で見かけた「よい子わるい子ふつうの子」です。

今日からは遊ぼうぜ。
たとえ仕事に難題を抱えていても、
その難題を遊ぼうぜ。
たとえ逆境のなかにいたとしても、
その逆境を遊ぼうぜ。

今日からは遊ぼうぜ。
人間なんだから、遊ぼうぜ。

From today
Enjoy yourself
Whatever may happen in your work
Enjoy your problems
Even though you are in adversity
Enjoy your days

From now on here
Enjoy yourself
You are a human being

         Durian Sukegawa

シェフをやります。

花丼

突然ですが、シェフをやります。
小説の執筆の途中ですが、シェフをやります。
サイトもリニューアルしなければいけないし、
ライブも控えているのにシェフをやります。

今月21日(火曜日)〜23日(木曜日)の3日間、ビストロ「くしのはな」の店主が旅行に出掛けている間、厨房をあずかることになりました。
インスタントシェフゆえ、ほんもののシェフのように冴えた腕があるわけではありませんが、一応、衛生責任者の資格(神奈川県)があり、製菓学校(洋菓子科)も出ているので、それなりのものは召し上がっていただけると思っています。

目玉は、写真の「花丼」の復活です。「花サラダ」「花のフリット」「小玉葱のアドリア海風」など野菜料理を中心に、あとは魚介でいくつかできればいいなと考えています。鶏料理もね。また、レアチーズケーキも特別につくります。これは個数限定になると思いますが。

シェフは俺、ウエイターはピクルス田村君です。
ということは・・・カンツオーネも出るかな。

3日間とも、18時〜21時 21時〜24時の完全予約制です。
食べたいなあ、飲みたいなあ、という方はお店に電話されて下さい。

ビストロ「くしのはな」
東京都調布市西つつじヶ丘3-25-1
TEL 042-480-6570
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
11月4日(土)5日(日)
「星の王子様と道化師の惑星」
Eggman Tokyo East
YEN TOWN FOOLsとの合同公演です。
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ