fc2ブログ

「訴歌」トークショーをやります。

全国のハンセン病療養所で詠まれた短歌、俳句、川柳などを集めた『訴歌 あなたはきっと橋を渡って来てくれる」』(皓星社)が刊行されました。
この本を企画された編集者の阿部正子さんとボクとで、朗読を含めたトークショーをやります。

下北沢の書店「本屋B&B」からお送りしますが、この状況下ゆえ、オンラインでの配信となります。

8月29日(日)午後3時〜5時

申し込みはここからお願いします。

https://peatix.com/event/2611079/view?k=e9d20eda84dab364b492add28d1f8d99658d0b11


なお、中日新聞(東京新聞)で、この『訴歌』について評を書きました。
もし良かったら、お読みください。

(訴歌 書評)

 表現者たちの生きた証がこの一冊に収められている。商魂や自己顕示欲とは縁のない、純粋な、命を燃やしたがゆえの短歌、俳句、川柳の連なりだ。ハンセン病療養所のなかで紡がれた文字は、時を越えその慟哭を今に伝える。

「しんしんと深まる夜なり線路上に一度寝かせし吾子抱き取る」(千本直子)

 子どもといっしょに消えようとした母は、生き別れの運命を受け入れ、療養所に収容されたのだろう。この病を得たというだけで、親族までもが破滅的な差別を受ける時代が長く続いた。

「会いに来てください明りが消えるから」(辻村みつ子)

 病が治癒しても、囲いのなかから出られなかった人々。国が定めた「らい予防法」は社会から患者を排除し、個の声を抹殺しようとした。

 全国の療養所を回って千冊もの作品集を手にいれ、「ハンセン病文学全集」(皓星社)完成のために尽力したのは、二〇一一年に早世した編集者、能登恵美子だ。彼女の遺志を継ぐように、同じく編集者の阿部正子が「全集」より作品を抜粋し、この「訴歌」を編んだ。阿部もまた社会の一隅に光を当て続けてきた人だ。

「恋人をも殺す冷たき眼といへり永き虐げに堪へ生きて来にしを」(横山石鳥)

 歌や句を受け止める私たちは、悲嘆の重い扉をあけ、その闇の深さに茫然となる。
 だが、表現者たちの心に寄り添ううち、哀しみもまたきらめきの仲間であることに気づかされる。なにかを照らし出すのだ。
 それは、個が生きたからこその歌であるという真実だ。

「濃き闇の向こうになにか在る思ひ心に持ちて歩みつづける」(赤沢正美)
「白杖に夢の火種は絶やすまい」(五津正人)
「生きのびる力句となり詩となり」(茅部ゆきを)

 飛翔する蛍のように、闇のなから希望が顔を出す。読む者はそれをすくい取り、自らの心にそっと留まらせるだろう。療養所の表現者たちの生きた証は、編集者たちの、そして読者である私たちの生の息吹と重なり合う。

                       ドリアン助川

夏のライブツアーのお知らせ

久しぶりに皆さんの前で歌います。

檸檬酒 夏の歌謡ツアー 「小さな夜の歌」

ドリアン助川(vo) 三咲順子(vo) ピクルス田村(g)

ミュージカルナンバーからカンツォーネまでをちりばめた
切ないロマンティックコメディーの再演です。
新しい曲も登場しますよ。

コロナ対策として各会場の定員は半数に限定し、
お客様には検温の実施、
マスク着用でご覧になっていただきます。
また、出演者も飛沫防止シート(透明)を立てて歌います。

8月10日(火)
名古屋TOKUZO
(名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F)
052-733-3709 www.tokuzo.com/

開場 午後6時  開演 午後7時

前売 3,500 当日 4,000

8月11日(祝)
静岡 UHU
(静岡市葵区七間町ワイシーシー第2ビル B1F)

054-253-1418 http://livehouse-uhu.com

開場 午後6時  開演 午後7時

前売 3,500円  当日 4,000

8月14日(土)
鎌倉 Jazzクラブ DAPHNE
(鎌倉市小町2-10-10 T.I.ビル3F)

0467-24-5169 http://www.jazz-daphne.jp


開場 午後5時30分  開演 午後6時

チャージ 4,000

オペラ『あん』のお知らせ

オペラ『あん』の脚本を書きました。
作曲は、寺嶋陸也さんです。
NHK合唱コンクールの課題曲『変』のコンビ復活です。

オペラシアター「こんにゃく座」の創立50周年記念公演です。
オペラ『あん』
まずは、来年2月10日〜20日、六本木の俳優座劇場です。

川崎ロケ『明けきらぬ天使』

「檸檬酒(Lemoncello)」の3人、
今回は初の川崎ロケです。
曲は「明けきらぬ天使」。



もともとこの曲は、長時間労働と薄給に喘ぐ若いアニメーター達に向けて作ったもので、
2007年にNHKの番組でオンエアされました。その時の相棒が、ギタリストMitsuです。
彼と二人で「アルルカン洋菓子店」という音楽道化師のユニットを作り、全国を行脚しました。

2013年からはピクルス田村くんが加入。
そして一昨年より、三咲順子さんが入り、「檸檬酒」となったわけです。

この歌の元のタイトルは、「上板橋・天使の詩」といいます。
でも、長く歌っているうちに、アニメーターや上板橋だけではなく、
今を耐え忍んでいる全てのクリエーターに向けた歌だと気付きました。

よって、曲名を「明けきらぬ天使」と変えます。
今後のライブでも歌い続けていきますね。

「明けきらぬ天使」
https://youtu.be/byxiesB6k4Q

クリスマス歌謡ショー、やります。

IMG_2240_convert_20201214212333.jpg

このような状況下になんですが、レモンチェッロ(三咲順子、ピクルス田村、ドリアン助川)の「クリスマス歌謡ショー」のお知らせです。

12月24日(木)、25日(金)、両日ともに昼夜2公演があります。
昼 開場14:30 開演15:00
夜 開場18:30 開演19:00

場所 ジャズレストラン「なーじゅ」
   東京都江東区森下5-20-3 2F
   (都営新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩5分)
予約 03-3635-8366(なーじゅ 午後6時半より午後10時まで)
料金 チャージ3500円(+飲食費)

少数精鋭、人数限定の客席となります。ボクら歌い手の前にはビニールの隔壁を設け、客席もアクリルボードで仕切ります。入場の際は検温をしていただきます。また、飲食時以外はマスクをお願いします。

曲目 「Tonight」「Only You」「Smile」「Raise Me Up」「ひまわり」「勿忘草」「あなたに口づけを」「オペラ座の怪人」「Sun and Moon」「The Christmas Song」など

写真は、三宅島でのビデオクリップ撮影です。いつ公開できるかな。
プロフィール
作家・歌手・明治学院大学国際学部教授

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2021年8月
名古屋「Tokuzo」(10日)
静岡「Uhu」(11日)
鎌倉「ダフネ」(14日)
ライブをやります
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ