星の王子さまのチラシができたよ。

hoshinooujisam(B)-1-001_convert_20170710225205.jpg

『星の王子さま』のチラシが出来ましたよ。

『あん』とともに、たぶんライフワークになると思う。
新訳『星の王子さま』やります。
おそらく、変化していく舞台の、最初の一歩。
都会よりは涼しげな、夏の箱根にどうぞ。
新しいアルルカンの世界。飛行士と王子さまの絵はがきも付くよ。

7月29日(土)30日(日)11時からと14時から。
箱根『星の王子さまミュージアム』映像ホールにて。
無料。(ミュージアムへの入場料はかかります)

神奈川県足柄郡箱根町仙石原909
電話)0460-86-3700
http://www.tbs.co.jp/l-prince

王子さまの朗読をミュージアムでやります。

表1-obi_convert_20170624120319

箱根の『星の王子様ミュージアム』で、
新訳『星の王子さま』の朗読をすることになりました。
アルルカン(歌う道化師)としての出演ですので、
ギタリストのピクルス田村くんも共演します。

7月29日(土曜)、30日(日曜)の2日間。
開演はそれぞれ午前11時からと午後2時からです。

梅雨が明けているであろう箱根の空の下、
サン=テグジュペリの世界はいかがでしょう。

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
0460-86-3700
http://www.tbs.co.jp/l-prince/about/

多磨全生園でライブやります。

全生園ジャム

国立ハンセン病療養所『多磨全生園』にてライブをします。
ボクも出ます。
『まちジャム in 全生園』
7月23日(日)11時開場 12時開演

中川五郎さんとは中越地震の義援金ライブ以来です。
会場は多磨全生内のコミュニティセンターです。
みなさん、ぜひいらして下さい。
問い合わせは、全生園内の食事どころ『なごみ』
(042-395-2755 11時〜19時 月曜休み)

このチラシの裏にボクがメッセージを書いています。

「全生園と詩と歌と」

 生きる力を、いつも全生園でもらっています。それは地面の上で暮らしていく者としての覚悟であり、人間の想像を超えた大きな力をもたらす天への憧憬、その双方から来るものです。ここにいらしたみなさんが、逆境を突き抜け、それを体得されたと信じるからです。地と天の間から詩や言葉は生まれます。生きる力はそこに根を張ります。

 縁があって初めて全生園を訪れたのは、もう十年近くも前のことです。闘い続けてこられたみなさんに、ボクは会う資格があるのだろうか。それを思い、足が一歩も前に進まなくなりました。でも、そこを越え、元患者さんの微笑みに触れたとき、世界と自分は一新されました。亡きみなさんも含め、たくさんの魂に抱いていただいたからこそ、小説『あん』を書くことができたのだと思います。

 全生園で歌うこと。それはきっと、地と天の間の祭典であり、ボクら一人ずつが心の壁を越え、新たな世界を構築することです。
 ハレルヤ! 素晴らしき一日となりますように。

ドリアン助川 

落合恵子さんとトークショーやります。

落合恵子さんとトークショーします。
6月17日(土曜)の朝っぱらから、東京は青山のクレヨンハウスです。朝っぱらに強い方、ぜひいらして下さいな。ボクは『星の王子さま』に出てくるバオバブの木の秘密と、今進行しつつあることの危機感について話をします。ただ、朝っぱらが苦手なので、前日の夜からずっと起きているかもしれません。

http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/Morningstudy.aspx

木枯らし紋次郎、渾身の一撃!

中村敦夫_convert_20170608143451

原発について、その被害の実情について、多額の予算が動くその利権について、
みなさんはどれくらいの知識がありますか。

これで俺は人生を終えてもいいのだ。
と敦夫さんがおっしゃる渾身の朗読劇です。
よくぞここまで調べられたものです。

日本各地で100回公演を目指されています。
そのうちの4回が、ご覧のように東京の笹塚ボウルで行われます。

申し込みは、電話03-3374-1300(笹塚ボウル)
あるいは info@sasazukabowl.com まで。

プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
7月23日(日)
まちジャム
多磨全生園

7月29日(土)30日(日)
星の王子さまミュージアム(箱根)
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ