FC2ブログ

ついに刊行! 念願だった本です!

cov_obi_convert_20191211101519.jpg

本日、発売です!

貧困をはじめとする逆境のなかにいる子どもたちに対し、それでも人生をあきらめて欲しくないという思いから、一冊の本を世に放とうという思いにいたり、日本ペンクラブの会員である作家・翻訳家のみなさんに声をかけさせてもらいました。

ボクを入れて44名の作家・翻訳家が結集し、現実の少年少女たちの悩みに答えるという形でこの本が誕生しました。

『泣いたあとは、新しい靴をはこう』(ポプラ社)

ほぼボランティアで文章を寄せてくれた作家・翻訳家はご覧のみなさんです。子どもの頃、たいへんな環境にいた、だから詩や小説に目覚めたのだよ、という赤裸々な体験を綴ってくれた方々もいらっしゃいます。

阿川佐和子/浅田次郎/石田純一/宇野和美/冲方丁/エドワード・レビンソン/落合恵子/柏葉幸子/片川優子/
加藤純子/木内昇/きむらゆういち/朽木祥/玄侑宗久/河野万里子/越水利江子/佐藤優/芝田勝茂/下重暁子/
神保哲生/俵万智/鶴田静/ドリアン助川/中井貴惠/中井はるの/中島京子/那須正幹/那須田淳/浜田桂子/濱
野京子/ひこ・田中/平野啓一郎/古谷経衡/松原秀行/松本侑子/村上しいこ/茂木健一郎/森絵都/山田真/楊
逸/吉岡忍/寮美千子/令丈ヒロ子/六草いちか

もし、きびしい環境にいたり、壁にぶつかってもがいている少年少女を知っているという方がいたら、ぜひこの本をプレゼントしていただけないでしょうか。

44名を代表し、念願だったこの本の刊行を伝えさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     日本ペンクラブ子供の本委員会  ドリアン助川

新しくなった『夕焼けポスト』

IMG_1914_convert_20191031205949.jpg

どんな窮地も、次の物語への始まりに過ぎない。
自分の人生はもう終わってしまった。
たとえそう思った日々でさえ。

この本がよみがえりました。

絶版になっていた「夕焼けポスト」を書き直しました。
新生「夕焼けポスト」(ポプラ社)、好評?発売中です。

苦悩とそこからの旅路をテーマにした物語ですが、決して難しい内容ではありません。
もし良かったら、読まれてみて下さい。

みんなに やさしく

みんなに やさしく_convert_20190520130624

翻訳をさせてもらった絵本『みんなに やさしく』(イマジネイション・プラス)が今週24日発売となります。
おもしろ授業付きのサイン会も6月1日(つつじヶ丘・飛鳥書店)に行います。

原題は、『BE KIND』という米国の絵本です。
『しんせつに』ではちょっと内容が違うなあというのが初めてこの絵本に触れたときの印象でした。

教室のなかで友だちがグレープジュースを服にぶちまけてしまいます。
服がむらさき色になってしまった友だちを教室のみんなが笑います。
主人公の女の子は、そのときいつもママに言われている『人にはやさしく』という言葉を思い出します。

しかし、この子は逡巡しているうちに、
『やさしく』という言葉の意味がだんだんわからなくなってきます。
事態は思わぬ方向へ。
そしてイメージは教室を飛び出し、全世界の人間の行為へと広がっていきます。

その結果、彼女がとった行動は?
そしてそれを受け取った友だちは?

一歩間違えば、あやしい道徳の教科書になってしまいそうな題材ですが、
誰にでもこの種のことで悩んだ経験はあると思いますし、
この絵本ならではの可愛いラストシーンが最高です。

もちろん『米国よ、他国にもっとやさしくな』という言葉はボクの胸にも浮かびましたが、
お子さんがいらっしゃる方は、ともに考える材料として一冊あっていい絵本かもしれません。
昨年はニューヨーク・タイムズ、シカゴ公共図書館などがベスト絵本の一冊として選びました。

先日、刊行前の、頁がバラバラの校正用原稿を紙芝居のように広げて、
三宅島の三宅小学校の1、2年生を相手に授業をしてきました。
サイン会では、大人も子どもも大歓迎。
島での授業を再現します。ぜひいらして下さい。

6月1日(土) 飛鳥書店(調布市西つつじヶ丘3-28-10)
おもしろ授業付きサイン会は、午後5時、6時、7時からの3回です。
申し込み)飛鳥書店 042-484-2090
参加費はかかりません。飛鳥書店でこの絵本を買っていただければそれでOKです。
『水辺のブッダ』(小学館)も併せて、サインいたします。

新刊小説『水辺のブッダ』発売です。

水辺のブッダ表紙_convert_20190514114337

 新刊小説『水辺のブッダ』(小学館)が明日5月15日発売されます。(書店に並ぶのはもう数日あとかも)

 ホームレスと風俗嬢しか出てこない、心の物語です。

 社会一般へのなにがしかの違和感が、ボクには常にあります。それがこの物語の執筆のきっかけになったことは間違いないのですが、ただ、そこに盛り込んだのは、単純な主張や怒りではなく、ボクらがこの世に在るということに関する、様々な方向からの思索です。

 若い頃に三度、インドを歩きました。そのうちの二度は釈尊が悟りを開いたと言われるブッダ・ガヤーを巡る旅で、ずいぶん途方に暮れ、汗も流れ、ひどい病気もした道程でした。存在の根本は何なのか。時とは何なのか。祈りには力があるのかないのか。そうした問いがつきまとう旅でもあったと思います。

 今でも問いはあり、心の袋がやぶけてしまうと、ボクは多摩川の川原で暗くなるまで座り込んだり、アカシヤの林に寝転がって、輝きの粒子のように降り注ぐ花びらに埋もれたりします。そうして得た世界観のひとつに、「単独で存在できるものはない」というものの見方があります。

 すべてが網の目にように絡み合った関係のなかで、存在たり得る。そのことの発見は、ボクに世界を再構築させ、ある種の安寧を与えてくれもしました。

 ボクは『あん』という小説で、ハンセン病の元患者による哲学の開闢を描きました。今回の『水辺のブッダ』は、その哲学の扉の向こうにある、思想の本体を書いたものです。

 なぜボクらはここにいるのか。その問いを持つ皆さんに、ぜひ読んでもらいたい物語です。

福島の今

IMG_1500_convert_20190303145348.jpg

『ジャーナリズム』(朝日新聞社)3月号の巻頭で思うところを書かせていただきました。震災翌年の線量計を携えた奥の細道の旅から、つい先日構内に入った福島第一原発の印象まで、8頁にわたって綴っています。福島・栃木の今、原発問題になんらかの気持ちを抱かれている方、ぜひお読みください。

『線量計と奥の細道』(幻戯書房)は品薄のため、ほぼ入手できない本となってしまいました。この『ジャーナリズム』の記事をダイジェストとして読んでいただけると概略がわかるかと思います。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2019年8月21日(水)
名古屋栄
Doxy
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ