FC2ブログ

絶版となっていた2冊の本がよみがえりました。

IMG_20200524_0001_convert_20200810204307.jpg

 絶版となっていたボクの本が2冊、今日、電子書籍としてよみがえりました。双方ともに、「明川哲也」という別のペンネームで書いたもので、刊行は10年以上前になります。

『ジョンを背負って7000メートル』
 これは、実体験が元になっている小説です。1990年12月8日、テレビ朝日でジョン・レノンの追悼特番を作りました。構成作家として関わった番組です。スタジオセットとして、ボクの体がすっかり隠れてしまうほどの巨大なジョンの写真パネルを製作したのですが、放送終了後に廃棄処分されると聞き、12月9日、たった一人で(しかも素手で)、このパネルを六本木から新宿ゴールデン街まで徒歩で運びました。ゴールデン街のある店が、雨漏り対策として店の天井にしたいと言ってくれたからです。

 いや〜、これが大変な旅になりました。なんと、途中で木枯らし1号が吹き出し、手は血だらけです。しかも、ヤクザに蹴られ、7時間かけて新宿に辿り着いたらいきなりの雨です。紙の写真なのに!

 その過酷な旅のあれこれを柱に、生きることを巡る男女の切ない恋の物語を書きました。他にも『ナッツ』(新宿のデブ専風俗で働く女性と、なかなか困窮状態から這い上がれない男の爽やかな青春小説)など、計3話で1冊の本となっています。
 電子版の表紙は、2015年にマルセイユを訪れた際撮ったものです。長い階段を上っていくような我らの日々に乾杯。
『ジョンを背負って7000メートル』 https://bookwalker.jp/de011b46e1-f1f8-4186-a4ea-d74763548b5c/


 『星の降る町 六甲山の奇跡』
 兵庫県芦屋市を舞台に、万引き癖のある少年と、老ケーキ職人のちょっと変わった交流を書きました。当初は、日本版の『ライ麦畑でつかまえて』を書こうなどという野心があったのですが、あんな性格のわるい少年は書き切ることができず、気づけば、「イマジネーションとはなんぞや?」をお題としたファンタジー小説が生まれていました。

 ただ、背景にあるのは阪神大空襲です。子供を失い、ケーキを作り続けた職人の人生です。ケーキがたくさん出てくるけれど、甘いだけの話ではないよ。

 電子版の表紙のこのオブジェは、ピーナッツを12色のアクリル絵の具で彩色したものです。気が遠くなりそうな作業でしたが、ボクはこのカラフルナッツを気に入っています。
『星の降る町 六甲山の奇跡』 https://bookwalker.jp/de9e8eae91-c1b6-40f0-bd61-138d55411481/

ついに大陸で刊行!

_convert_20200712144524.jpg

豪雨の深刻な被害と今後のコロナ禍。
他国との関係も含めて、あまり良いニュースがありません。
しかし、それでも表現は伝わっていきます。
映画の上映がなかった中国本土とスラブ語の世界(刊行はブルガリア)で、
ついに小説『あん』が発売となりました。

英文で世界に発信されました。

英文で世界に発信されました。

震災のあとの放射線量を測りながら芭蕉の『奥の細道』を自転車で旅した『線量計と奥の細道』(幻戯書房:日本エッセイストクラブ賞受賞)。このダイジェストを、第一原発構内への取材で体験した記事とともに、昨年『Journalism』(朝日新聞社)にて発表しました。

小説『あん』を『Sweet Bean Paste』(One World)に英文翻訳していただいたAlison Wattsさんの尽力により、この記事がそのまま英文として、International Web Magazineである『Asymptote』で公開されました。日本語でも読むことができます。

『朝日ジャーナル』時代とは違い、『Journalism』の部数は少ないので、読みたかったけれど読めなかったという人がけっこういらっしゃいました。

これで、英文でも日文でも読めます。

爆発を起こした2号機への接近で400ミリシーベルトを浴びたときの記述や、東京電力の担当の方から伺った「40年で廃炉計画」の根拠がどこにもない話など、たいせつなことも書いています。興味がある方、もしよかったら読んで下さい。

Alisonさん、ありがとう。

https://www.asymptotejournal.com

AsymptoteのSpring 2020 Edition
English:
https://www.asymptotejournal.com/…/durian-sukegawa-cycling…/

Japanese:
https://www.asymptotejournal.com/…/durian-sukegaw…/japanese/

In January 2019, I entered the grounds of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The sight that met my eyes inside, endless rows of machinery and equipment for decommissioning the reactors, was so alien it felt as if I had landed on another planet. I was nervous about being exposed to strong rad

電子版『食べる〜七通の手紙』

今日の関東地方は猛烈な雨でした。今は東北のみなさんがあの雨を体験されているのかな。坂道が川のようになりますので、お気を付け下さい。

全国緊急事態宣言に加え、荒天。読書するしかないかなあ、という方も多いかと思います。そんなあなたに・・・

四半世紀も前に書いた『食べる〜七通の手紙』が電子書籍化されました。三修社から刊行され、のちに文春文庫から再発売された一冊です。文庫版絶版のあとは、超しぶいブルースユニット『半片ブラザース』の半ちゃんの尽力により、配信のオーディオブックとしてもよみがえりました。

そして今、あらたに電子版(三修社)の登場です。(息の長い本だなあ)

はっきり言って、若書きです。ボク特有の浅はかさが随所に見られます。でも、北海道、ヨーロッパ、カンボジア、ガラパゴス諸島などを旅した若者(バカ者でもありました)の息吹がそのまま詰め込まれているという点では、文字の合間にまだエネルギーが残っている本です。

旅ものを読みたいなあと思われている方、もし良かったらお読み下さい。
ポル・ポトに宛てた手紙は、カンボジア内戦の仕組みがようやくわかったと、当時多くのみなさんからメッセージをいただきました。
開高健賞ノミネート作品です。

→ 『食べる〜七通の手紙』(電子版)

新聞連載小説、始まります!

IMG_1243_convert_20200417161042.jpg

みんなが元気をなくしたり、不安になってしまうこのご時世だからこそ、満を持しての御開帳!
ボクの初の新聞連載小説『うずしお高校浄瑠璃部』が始まります。

淡路島を舞台にした、青春の、いや、人生の物語!

まずは4月19日(日)より、山梨日日新聞にて連載開始! 
地方新聞対象の連載小説です。
全国で読めるようになればいいなあ! 挿絵はイラストレーターの茂苅恵さんです。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2020年9月27日(日)
渋谷ロフトヘブン
『新宿の猫』
無観客配信ライブです
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ