fc2ブログ

『寂しさから290円儲ける方法』第10話 奈良・ならまち(後編)

『寂しさから290円儲ける方法』、この第10話「奈良・ならまち後編」をもってお開きとなります。ご愛読、ありがとうございました。

これまでウェブで公開してきましたのはパイロット版ですので、新たにあれこれ書き直し、来年、一冊の本として旅立たせます。

なによりも、なぜ290円なのか。
その理由を記した最終章をまだ発表していません。
ニャン太さんもいなくなり、新しい「おたすけ料理人」の登場となります。
この秋〜冬のブラッシュアップ作業が楽しみです。


https://note.com/monvoyage/n/nee50d061cc7a?magazine_key=m24342d2bac23

「動物哲学童話」おひらき!

IMG_20221021_0001_NEW.jpg

世界一過酷だと言われるコウテイペンギンの産卵と子育て。
月刊誌『青春と読書』(集英社)で連載の機会をいただいた『動物哲学童話』。おひらきの第20話は、コウテイペンギンの物語です。

20ヶ月にわたり、版画家の溝上幾久子さんが並走してくださいました。
計20(本当は21)種の動物(鳥類も含む)を、銅版画で新たにに生み出してくださったのです。毎回、溝上さんのダイナミックな作品を拝見するのがとてもとても楽しみでした。

このシリーズ中、哲学者の名はあまり出てきません。でも、必ず一人の哲学者の思想が隠れているのです。今回は、V.E.フランクルでした。

これまで『動物哲学童話』を読んでくださった皆さん、ありがとうございました。作品はブラッシュアップし、哲学者の秘密を語るあとがきもつけて、来年に刊行させていただく予定です。

ただ、まだ、日本と南米(南極)の動物の物語を書いたのみです。
今後どういう形であれ、世界の動物と哲学者を絡め、作品数を増やしていきたいと思っています。

『あん』と『カラスのジョンソン』

あんとジョンソン(縮小)

インドネシア語版『あん』と、フランス語版文庫『カラスのジョンソン』が同時発売されました。
国境も民族も超え、一人でも多くの読者の皆さんに届きますように。

『寂しさから290円儲ける方法』第10話 奈良・ならまち(前編)

甘いものが避けられがちな時代。
和菓子に未来はないのか?

つかみどころがない苦悩の主が現れ、ニャン太さん、初めて敗北を覚悟します。

『寂しさから290円儲ける方法』第10話前編、舞台は「奈良・ならまち」です。

https://note.com/monvoyage/n/nfb890a2477fc

世界中の編集者からのお祝いの言葉

Comments from the world


小説『あん』の刊行が決まったのは、10年前のちょうど今頃です。当初発表する予定だった大手の出版社から拒まれ、画家の田内万里夫さんが紹介してくださったポプラ社の編集者が原稿を拾ってくれたのです。

初版4000部のスタートでした。きっと、出して終わりだろうなと思いました。しかし、ハンセン病問題を背景に、自分なりに感じていた生きることの味わいをテーマにできたことで、ボクの内なる成長がありました。執筆者は書くことで階段を登っていきます。ですから、初版で終わっても良いと覚悟は決めていました。

あれから10年。この秋の増刷から、帯カバーが変わります。21言語に翻訳された『あん』に対し、世界各国の担当編集者がお祝いの言葉を送ってくれました。

こういうのは、どうかな。秘すれば花ではないのか、と思いましたが、『あん』がきっかけでボクと知り合った人も多いので、一緒に喜んでくれるかもしれないとも思いました。

日本ではもう古い本になりつつあるかもしれません。ただ、刊行されたばかりのポルトガルやインドネシアからは、読者の皆さんのメールがどんどん届きます。世界のどこかの地域で、『あん』は常に新しいのです。

各国の編集者とともに、仏訳のMyriam Dartois-Akoさん、英訳のAlison Wattsさん、独訳のUrsula Gräfeさん、
伊訳のLaura Testaverdeさんなど、21言語の翻訳者のみなさんが力を尽くしてくださったおかげで、こんなふうに花開きました。
みなさん、本当にありがとうございます。

シリアスなテーマのなかにもFables(寓話)の柱を立て、これからも書き続けていこうと思います。
プロフィール
作家・歌手・明治学院大学国際学部教授

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2021年12月
24日&25日
『新宿の猫』
菊川なぁ〜じゅ
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ