FC2ブログ

英文で世界に発信されました。

英文で世界に発信されました。

震災のあとの放射線量を測りながら芭蕉の『奥の細道』を自転車で旅した『線量計と奥の細道』(幻戯書房:日本エッセイストクラブ賞受賞)。このダイジェストを、第一原発構内への取材で体験した記事とともに、昨年『Journalism』(朝日新聞社)にて発表しました。

小説『あん』を『Sweet Bean Paste』(One World)に英文翻訳していただいたAlison Wattsさんの尽力により、この記事がそのまま英文として、International Web Magazineである『Asymptote』で公開されました。日本語でも読むことができます。

『朝日ジャーナル』時代とは違い、『Journalism』の部数は少ないので、読みたかったけれど読めなかったという人がけっこういらっしゃいました。

これで、英文でも日文でも読めます。

爆発を起こした2号機への接近で400ミリシーベルトを浴びたときの記述や、東京電力の担当の方から伺った「40年で廃炉計画」の根拠がどこにもない話など、たいせつなことも書いています。興味がある方、もしよかったら読んで下さい。

Alisonさん、ありがとう。

https://www.asymptotejournal.com

AsymptoteのSpring 2020 Edition
English:
https://www.asymptotejournal.com/…/durian-sukegawa-cycling…/

Japanese:
https://www.asymptotejournal.com/…/durian-sukegaw…/japanese/

In January 2019, I entered the grounds of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The sight that met my eyes inside, endless rows of machinery and equipment for decommissioning the reactors, was so alien it felt as if I had landed on another planet. I was nervous about being exposed to strong rad

電子版『食べる〜七通の手紙』

今日の関東地方は猛烈な雨でした。今は東北のみなさんがあの雨を体験されているのかな。坂道が川のようになりますので、お気を付け下さい。

全国緊急事態宣言に加え、荒天。読書するしかないかなあ、という方も多いかと思います。そんなあなたに・・・

四半世紀も前に書いた『食べる〜七通の手紙』が電子書籍化されました。三修社から刊行され、のちに文春文庫から再発売された一冊です。文庫版絶版のあとは、超しぶいブルースユニット『半片ブラザース』の半ちゃんの尽力により、配信のオーディオブックとしてもよみがえりました。

そして今、あらたに電子版(三修社)の登場です。(息の長い本だなあ)

はっきり言って、若書きです。ボク特有の浅はかさが随所に見られます。でも、北海道、ヨーロッパ、カンボジア、ガラパゴス諸島などを旅した若者(バカ者でもありました)の息吹がそのまま詰め込まれているという点では、文字の合間にまだエネルギーが残っている本です。

旅ものを読みたいなあと思われている方、もし良かったらお読み下さい。
ポル・ポトに宛てた手紙は、カンボジア内戦の仕組みがようやくわかったと、当時多くのみなさんからメッセージをいただきました。
開高健賞ノミネート作品です。

→ 『食べる〜七通の手紙』(電子版)

新聞連載小説、始まります!

IMG_1243_convert_20200417161042.jpg

みんなが元気をなくしたり、不安になってしまうこのご時世だからこそ、満を持しての御開帳!
ボクの初の新聞連載小説『うずしお高校浄瑠璃部』が始まります。

淡路島を舞台にした、青春の、いや、人生の物語!

まずは4月19日(日)より、山梨日日新聞にて連載開始! 
地方新聞対象の連載小説です。
全国で読めるようになればいいなあ! 挿絵はイラストレーターの茂苅恵さんです。

ついにフランスの教科書に!

リセ教科書

みなさん、あけましておめでとうございます。
旧年中はお付き合いいただき、ありがとうございました。

さて、2020年最初のニュースです。
小説『あん』(フランス語版タイトル Les délices de Tokyo) が、フランスのリセ(高校)の教科書に収録されることになりました。物語や登場人物のセリフの抜粋など、全7ぺーじに渡って紹介されています。

翻訳してくださったミリアンさんや、映画を撮って下さった河瀬直美さんをはじめ、
たくさんのみなさんの応援があって、この展開なのだと思います。
ありがとうございます。

今年も笑顔でおつきあい、よろしくお願いいたします。

                        ドリアン助川

ついに刊行! 念願だった本です!

cov_obi_convert_20191211101519.jpg

本日、発売です!

貧困をはじめとする逆境のなかにいる子どもたちに対し、それでも人生をあきらめて欲しくないという思いから、一冊の本を世に放とうという思いにいたり、日本ペンクラブの会員である作家・翻訳家のみなさんに声をかけさせてもらいました。

ボクを入れて44名の作家・翻訳家が結集し、現実の少年少女たちの悩みに答えるという形でこの本が誕生しました。

『泣いたあとは、新しい靴をはこう』(ポプラ社)

ほぼボランティアで文章を寄せてくれた作家・翻訳家はご覧のみなさんです。子どもの頃、たいへんな環境にいた、だから詩や小説に目覚めたのだよ、という赤裸々な体験を綴ってくれた方々もいらっしゃいます。

阿川佐和子/浅田次郎/石田純一/宇野和美/冲方丁/エドワード・レビンソン/落合恵子/柏葉幸子/片川優子/
加藤純子/木内昇/きむらゆういち/朽木祥/玄侑宗久/河野万里子/越水利江子/佐藤優/芝田勝茂/下重暁子/
神保哲生/俵万智/鶴田静/ドリアン助川/中井貴惠/中井はるの/中島京子/那須正幹/那須田淳/浜田桂子/濱
野京子/ひこ・田中/平野啓一郎/古谷経衡/松原秀行/松本侑子/村上しいこ/茂木健一郎/森絵都/山田真/楊
逸/吉岡忍/寮美千子/令丈ヒロ子/六草いちか

もし、きびしい環境にいたり、壁にぶつかってもがいている少年少女を知っているという方がいたら、ぜひこの本をプレゼントしていただけないでしょうか。

44名を代表し、念願だったこの本の刊行を伝えさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

     日本ペンクラブ子供の本委員会  ドリアン助川
プロフィール
作家・歌手・明治学院大学国際学部教授

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2020年12月24日と25日
菊川の「なーじゅ」で
昼夜2公演の
歌謡ショーをやります
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ