FC2ブログ

『孤塁』を紹介します。

IMG_2051_convert_20200308175351.jpg

3.11が近付いてきました。今年はコロナ禍で追悼式も行われないそうですね。学校はほぼお休み、在宅勤務の方も増え、降って湧いたような時間のなかでなにをするべきか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。風はまだ冷たいし、こんなときは読書が一番です。まず、3.11関連の本を紹介しますね。

『孤塁 〜双葉郡消防士たちの3.11〜』(吉田千亜著 岩波書店)

大地震と大津波による壊滅的状況のなか、さらに原発事故によって追い込まれていった福島県双葉郡の消防士たちのドキュメンタリーです。

この本、後半に入ってから涙があふれて何度も活字が滲みました。原発の1号機、2号機が爆発し、4号機でも火災が発生したとき、地元の消防士たちが不眠不休でどんな闘いをしたのか。現場で身を呈し、文字通り「命がけ」で原発に入っていった消防士たちの心と声の記録です。

救助が続き眠ることもできない。援軍も来ない。食べるものもない。家族の安否もわからない。極端な被曝で消防署にも戻れない。そんななか、彼らの頭に「特攻隊のみなさんもこうだったのだろうか」という想いがこみあげてきます。
このときの消防士のみなさん、もう戻ってこられないという思いから、こういう行動に出たそうです。

(本文128頁から抜粋)
 全面マスクでの活動のため、みな同じ格好で誰が誰なのかわからなくなる。手分けをして養生テープに名前を書き、防火衣に貼り付けていった。井出泰平は、いつも世話になっている先輩に「名前を書いて」と頼まれたが、その作業がつらかった。
 佐々木匠も装備を手伝っていたが、親しい先輩から「もし俺が帰ってこなかったら、家族に愛していると伝えてくれ」と声をかけられ、隣にいた先輩からも「俺も頼むわ」と言われた。二人とも笑いながら言ったが、それが冗談ではないのだとわかり、涙がとまらなかった。(抜粋終わり)

写真はまさにこれから事故を起こした原発へと向かう直前のものだそうです。

あの原発事故によって、日本はひょっとしたら終わっていたかもしれません。そうならなかったのは、あり得ないほどの偶然が重なったことと、メディアでは多くを語ることができない一般のみなさんの、この消防士のようなみなさんの献身的な奮闘努力があったからです。

原発は安全だと今もなお唱えるみなさん、さらには原発事業を推進して行こうと考える政治家のみなさんは、本当にあの事故で起きたことを詳細にいたるまで理解しているのだろうか。

チェルノブイリ基準値の4倍に値する年間20ミリシーベルトを健康基準値として強引に設定し、福島の被災地への帰還事業を乱暴に押し進めているのは、オリンピックや世界へのイメージ作りに躍起になっているからでしょう。しかしそれはすでに失敗していると思います。浅薄であるがゆえに、見抜かれています。なぜなら、安倍総理夫妻を始め、推進派のだれもが福島のこのエリアには長く滞在しようとしないから。栃木の那須の御用邸も使われなくなりましたね。

それにしても、計66名の消防士たちにロングインタビューを試み、この一冊にまとめあげた吉田千亜さんの力量と持続的な努力は見上げたものです。素晴らしいの一語に尽きます。

あとがきの、千亜さんが消防隊員の出初め式を観て嗚咽が止まらなくなるシーンでボクも泣きました。
あの原発事故の周囲でなにが起きていたのか。興味ある方はぜひご一読下さい。

今日も『あん』は1位だった!

200221ブログ

みなさんが心配げなこの時期になんですが、
小説『あん』のフランス語版『Les délices de Tokyo』(ミリアンさん訳)が、
Amazon(フランス)の日本文学部門で、
今日をもちまして丸3年、ただの1日も2位以下に落ちることなく1位独走を続けております。

すぐ後ろにハルキ・ムラカミさん、ユキオ・ミシマさん、ジュンイチロウ・タニザキさんなどが集団で追い掛けてきているという超緊張状態が3年も続いているわけですが、一度も抜かされなかったよ!
写真は今現在(2020年2月21日)のフランスでの順位です。
https://www.amazon.fr/…/b…/books/464152/ref=zg_b_bs_464152_1

ドミニク・チェンあらわる!

ドミニクブログ

圧倒されている。
芯から倒され、抱きしめられた気分だ。

自ずから立ち上がることを運命付けられていた知の巨人が、
子ども(娘さん)の誕生をきっかけに、さらに新たな地平へと歩みだしたその一歩ずつの輝き。

本当の意味での「コモンウエルズ(国民という意味ではなく、大きな意味での連帯、福祉、公共性)」への道程をこんなにも説得力をもって展開した本がかつてあっただろうか。

いや、「かつて」という言葉はあり得ない。進行するしかない「今」、生まれでる「時」の先端で火花を散らしているのが著者のドミニク・チェンだから。

まだ観ぬ地平と大いなる共感。双方があって表現は初めて芸術になり得るのだとボクは信じている。そのような意味では、この『未来をつくる言葉 わかりあえなさをつなぐために』(新潮社)は、本という表現形式を軽く飛び越え、今この時代の難しさを起点とするしかない芸術のその頂きに達している。

デジタルの専門家ゆえ、すこし歯応えのある言葉がないとは言いきれないが、文章の質としてはむしろ詩人や、開高健のような密度濃いテキストを好んだ作家に近い。
いや、本当に驚いている。そして感動している。

ボクは普段から学生たちに、表現をしなさいと繰り返し言っている。レポートひとつ書くのもルーティンの作業ではなく、ひとつの表現だと思いなさいと言っている。なぜなら人は、どんなジャンルであれ、表現をすることによって主体足り得るからだ。誰もがそれぞれの人生の主役であるけれど、
それをより明確にするのが(表舞台に立つ立たないではなく)、各自の場での各自の表現なのだ。

抜き書きをすると、ドミニクはこう記している。
「書くことによって、世界はただ受容するものであるだけではなく、自ら作り出す対象でもあるとわかったのだ。そして、世界を作り出す動きの中でのみ、自分の同一性がかたちづくられるのだということも」

共感を覚えるこうした記述が本書には方々にある。
たとえばボクは、米国から帰ってきたあと、あまりに自分の本が売れず生活に四苦八苦するばかりなので、何かを所有するという人生を諦めたときがある。しかしその瞬間、世界が逆に飛び込んできた。
所有という錯覚ではなく、在るのはただ世界との関係のみだとはっきりわかったのだ。目の前の多摩川の河川敷はだれのものでもなく、しかし感受するという関係に於いて自分のものとなった。所有を捨てた瞬間に「マイ多摩川」が現れ出た。パブリックとはおそらくこういうことを言うのではないか。

似た感覚を、ドミニクも新婚旅行を兼ねたモンゴルの旅で得ている。奥さんと二人で馬に乗って草の海を旅し、遊牧民たちと交流するなかで、所有という概念を捨ててしまった人たちのとてつもない包容力と視野の広さについて語っている。
ここ、凄く共感。

トミニクは、デジタル世界の未来から、親子や友人、あるいは敵対するものとの共棲の解法として常に「関係性の哲学」に注目し、新たな道を切り拓こうとする。本書がフィーチャーしているのは、グレゴリー・ベイトソンの思想だ。
どこかで『悲しき熱帯』のレヴィ=ストロースを彷彿とさせるベイトソンは、しかし思想の鏃が文明批判へと向かうのではなく、世界の事象の関係性の上に立つ生命観へと人生の熱情を傾けていく。

ドミニクはこのベイトソンに影響を受けつつ、彼の手法である「メタローグ」(共話)から、解法が見えなくなり始めた「わかりあえない者」たちにどう橋を渡すかをフィードバック的に導き出そうとする。
とにかく、この本にはやられました。
つまり、ドミニク・チェンにやられました。
なんと気持ちよくノックアウトされたのだろう。
知を信じ、平和の礎になろうとする人にとって必読の書です。

三宮さんに出会って下さい。

三宮さんブログ

三宮麻由子さんの新しい文庫本『四季を詠む』(1月17日発売)の解説を書かせてもらいました。機会を与えていただき、ありがとうございます。

三宮さんは全盲のエッセイストです。聴覚、嗅覚、味覚、触覚によってこの世を捉え、四季の移ろいを感じ、まさに「積極的感受」の生命として、文字や言葉、そして音楽によって表現なさることで、主体たる、替えのきかない三宮麻由子さんになられています。

この本にボクはどれだけ力をいただいたか。
それは「見えているはずのボクが見えていなかった」という気付きでもあります。
間違いない。
この本は、新たな視野を求めようとしている人にとって
熟した宝石のように、柔らかで艶のある光を投げ掛け続けるでしょう。

ぜひ、読まれて下さい。
素晴らしい時間がやってきます。
ちょっとだけ、解説文の冒頭を紹介しますね。
 
 なんと幸せな読書の時間だったのだろう。三宮麻由子さんからあふれ出る四季折々の透明な表現にひたり、読者として共有できたその感覚のなかで手足を伸ばそうとしたとき、ボクははっきりと幸せだった。

 初読の際はもちろん、二度読んでも三度読んでも、いただいた幸せは彩りを変えつつ胸のなかに宿り続けた。そして肌の内側を煌めきすらも伝い、三宮さんと逢えた奇跡を他者にも知らせよと囁きかけた。

 つまりボクは星のかけらのようにひとつの光点となり、薄暗い闇のなかで夜明けを待つこれまた多くのかけらたちに対してシグナルを送ろうとしている。だれでもない、三宮麻由子さんご自身が夜の雲をも柔らかに照らす一等の星だからこそ、書き手と読み手の間にこの普遍的な伝播の力が生まれたのだ。
 (さあ、三宮麻由子さんと出会おう!)

千絵さんもすごい!

千絵ちゃんブログ

そして1月17日は、中島千絵さんのアルバム『One Thousand Pictures』のリリースコンサートに行ってきました。(@代々木上原 MUSICASA)

千絵さんは東京芸大の作曲家を卒業なさっていますが、ジャンルや型にはいっさいはまらないパフォーマーであり、縁の下の力持ちとしてたくさんの表現者たちを支え続けてきた義理と人情と芸術の作曲家でもあります。そういえば、つつじヶ丘の「くしのはな」にも来てくれましたよぅ。

ボクの大好きなスペイン舞踊団『ARTEY SOLEA』の音楽監督だったり、最近では山田洋次さんの『家族はつらいよ』など、本当に多様な作曲能力で多くの舞台を支えて来てらっしゃるんです。
でも、今夜は千絵さんが主役。

凄かったなあ。凄かった。いやー、凄かった。
なにが凄いって、その音楽とパフォーマンスは、こちらの気分で言うなら、メタセコイアの枝にまたがって芸術の夜空を観ている感じですよ。
つまり、降り注ぐ芸術。どこを切り取っても芸術。星の煌めきひとつひとつ、燦然と輝きつつ瞬時に消え、光うねりうねって音楽を降らす、噴火させる、あふれる、波になる、抱きしめる、泣いて転がる、でも微笑む。そういう感じなのね。

あまりに純粋過ぎないか。
世間に向けて多少の作り笑いがあってもいいのではないか。
切れ過ぎて、痛過ぎて、そんなふうに思わない箇所がなかったわけではないが、しかし、これが千絵さんの流儀なのだろう。

山田監督と舞台を作るときは当然、「対世間」というものもあるでしょう。しかし、彼女がソリストとして立ち上がる時、おそらくは己の命を賭けても、「ここに私がいる」という音楽であり、パフォーマンスなのだと思う。その覚悟よ。美し過ぎるわ。

帰り、新宿で一杯やるつもりだったのに、衝撃受け過ぎてやめました。飲んでる場合じゃないよ。ボクらの舞台も一ヶ月切ったからね。
やることやります。
それにしても、中島千絵さんは凄い。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2019年8月21日(水)
名古屋栄
Doxy
近刊
「水辺のブッダ」(小学館)
「新宿の猫」(ポプラ社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ