友だちの本の紹介

IMG_0768_convert_20180521182024.jpg

若い友だちの本を紹介します。
『それでも人を信じた猫 黒猫みつきの180日』(咲セリ著・角川書店)

みつきと名付けられたこの子は、おそらくは人間による虐待から大けがをした盲目の猫です。この子が旅立つまでの半年間をいっしょに過ごしたセリさんと旦那さんの心の記録と写真によって構成された本です。

目が見えず、快復が難しい傷を負ったみつきにセリさんと旦那さんが望むこと。それは、特別なことではありません。
そのままでいい・・・そのままそこにいて、生きていてくれたら、という願いです。

みつきとの関係のなかで、自分たちも実はそうではないのかとセリさんは気づきます。自分たち夫婦も「そのままでいいから」とささやかれているような気持ちになってくるのです。

難しいことはなにも書かれていません。ハンディキャップを山のように背負ってしまった一匹の猫と、若いご夫婦の心の交流です。でも、ボクたちがつい忘れがちなことがここにはあるような気がします。

実は、数ヶ月前にいただいた本だったのですが、ボクも猫が登場する小説を書きかけだったので、それを仕上げたらいっしょに歩いていこうと思っていました。ボクの猫小説もなんとか形になりそうですので、みつきを紹介させてもらいました。
セリさん、ありがとう。

5月26日(金)自由が丘で会いましょう。

一度きりの人生をどう生きるのか。
それも大切なことですが、
一度きりのこの世をどう受け止めるのか。
これも大切なことです。

不遇なとき、逆境のなかにあるとき、重荷を背負う人生だと感じるとき、
それでも人生は素晴らしいと言える「ある視点」が、ボクに物語を書かせる原点となっています。

5月26日(土)、「積極的感受」という言葉をキーワードに講座を開きます。
お時間がある方、どうぞいらして下さい。
小説『あん』に始まり、芭蕉、蕪村、鈴木大拙にまで話は伸びていくと思います。

東京自由大学での講義になります。

5月10日(木)下北沢で会いましょう。

セルビア在住の詩人、山崎佳代子さんと対談します。
5月10日(木)下北沢のB&Bです。

『パンと野いちご:戦火のセルビア、食物の記憶』(勁草書房)の刊行を記念しての対談ですので、メーンはもちろん著者の山崎佳代子さんですが、ボクも内戦時のルーマニアや自衛隊がPKO部隊として入る前のカンボジア取材を思い出し、いくつかの短い詩などを披露できればと思っています。
どうぞみなさん、いらして下さい。

けなげな花

ヒメヒオウギ_convert_20180502150616

アトリエのテラス。
毎年この時期になると、ご覧の赤い花たちが現れ、透明な言葉をささやいてくれる。
レンガの間から。土なんてどこにもないのに。

三宅島の豊かな自然も素晴らしいけれど、
東京の、調布の、このけなげな花たちにも心をつかまれる。
咲いてくれてありがとう。
毎年、ボクも透明な言葉をささやく。

オリヴィエ・ブルドーさんと対話

オリヴィエ_convert_20180502150431

フランスで50万部を売り上げた小説『ボー・ジャングルを待ちながら』の著者、
オリヴィエ・ブルドゥーさんと対談をしました。

とても楽しかった。
外れて生きてきた者どうしの組み合わせですから、
文学論というよりは、ポエジーあふれる人生論に始終したような気もします。

対談の模様は、CINRA というサイトで5月9日にアップされる予定です。
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
2018年1月28日(日)
朗読劇『あん』
早稲田大学大隈講堂
近刊
「星の王子さま」(皓星社)
「バカボンのパパと読む老子」(角川文庫)
「バカボンのパパと読む老子 実践編」(角川文庫)
「海の子」(ポプラ文庫)
「ピンザの島」(ポプラ文庫)
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ