「グレーテルのかまど」に出ます。

明日、26日、『グレーテルのかまど』という番組でどら焼きをつくります。
低迷した中年男のドキュメントだそうです。
苦そうなどら焼きだねえ。
変身後の大魔神みたいなおっさんがエプロンをして少々姿を現しますが、
気にしないで下さい。

NHKのEテレ、夜10時からです。

『グレーテルのかまど』http://www4.nhk.or.jp/kamado/

胸のなかに宝石をもらえる映画

今月もずいぶんと旅をしました。


香川県宇多津町での朗読劇『あん』の公演。
宮城県角田市での道化師もりあやこさんとのジョイントステージ。
そして昨日は愛知県碧南市で映画『あん』の上映とボクの講演があり、
あいにくの天気ではありましたが、完売御礼のイベントとなりました。


それぞれの舞台を準備していただいた皆さん、
そしてお集りいただいた皆さん、
本当にありがとうございました。


さて、今月のイベント、残すところはあとひとつです。
以前にもお知らせしましたが、
26日(月)、映画『スタートライン』のアフタートークを、
今村彩子監督と手話通訳の方、そしてボクの3人でやります。
生まれつき耳が聞こえない今村監督が、
沖縄から北海道宗谷岬までを自転車で走り抜けるドキュメント。


この映画、笑ったり泣いたり、忙しいことになりますよ〜。
そして見終わったあとに、
胸のなかにひとつの宝石をいただいたことに気付きます。
ただ、このイベントの唯一の問題は時間帯です。
新宿のK'sシネマにて、朝8時半からの上映!
平日の朝8時半にいったい誰が映画を観にくるのか!
という大問題があるのです。
でも、まあ、たとえお客さんが1人(確約)しかいなくても、
今村監督と心のスタートラインの話をしようと思います。


朝強いよ、会社もないよ、という方、
確実に「観て良かった」ということになりますので、
ぜひいらして下さい。

スタートライン」http://studioaya.com/startline/top.html

すごい映画がやってきた!

心から揺さぶられ、
「こういうものを観たかったんだよ」と
喝采した映画があるので紹介します。
これはすごいよ。
『あたらしい野生の地 リワイルディング』

本作は、アムステルダムの北東わずか50キロに位置する自然保護区のドキュメンタリーです。この地がとても特殊なのは、もともと手つかずの原野がそこにあったわけではなく、干拓事業の失敗から1968年に放り捨てられた人工の埋立地だったというところ。

それから約50年、そこに様々な野生が芽生え・・・なんと今は、1000頭のコニック(馬の品種)、3000頭の赤鹿、その他キツネ、オジロワシ、カワセミ、さまざまな鳥類の宿る「Rewilding ~再野生化 生態系の復元」の地と化しているのです。
マルハナバチの春の巣立ちなど、いったいどうやって撮ったのだろうという奇跡的なショットもありますが、やはり心を奪われるのは、人間の手が加わらない環境下でのそれぞれの生死の物語であり、また仔馬の瞳に映し出される銀河の、その奥にある大自然の妙(道=TAOなるもの)です。

福島の復興のために、今やなんの問題もなくなったかのようなPRがなされていますが、現実は何十年も立ち入れない場所ができてしまったことはみなさんご存知の通り。先月、線量調査に訪れた福島市内の信夫山は、除染と称してついに山頂を崩していました。山が壊れてしまうのだから、シン・ゴジラなど出現させなくても、本当に怪物が現れたのだとよくわかりました。
その福島の立ち入り禁止でさえ、線量が弱くなる数十年後にはこうしてリワイルディングの力が働くのではないかと、どこかで希望も持ち得る作品です。


オランダの映画です。
監督はマルク・フェルケルク、ルーベン・スミット
出演者はオランダの野生動物たち
公開は来月から、渋谷のアップリンク
全国公開のためのクラウドファンディングも募っています。(はい、ボクも一口のりました)
自然の力に触れて心洗われること間違いなし。ぜひご覧下さい。
公式サイト http://rewilding.mejirofilms.com/
facebook https://www.facebook.com/rewilding/
クラウドファンディング 
      https://motion-gallery.net/projects/rewilding

北海道のみなさん、四国のみなさん、今からうかがいます。

宇多津ポスター_convert_20160826165606

台湾から帰ってきました。
そして明日から北海道と四国で「あん」の公演&講演です。

27日(土)
池田町田園ホールにて映画「あん」上映
14時と19時の2回 
原作者としてのボクのトークがおまけでつきます。

28日(日)
同じく池田町田園ホールにて講演
10時40分から正午までです。
「あん」を創作するにいたった視点、ハンセン病問題を背景にしつつ、普遍的な意味での「生きる価値」について思うところを話します。

幕別町百年記念ホールにて映画「あん」上映
14時と18時の2回
原作者としてのボクのトークがおまけでつきます。

30日(火)
美幌町にて、朗読劇「あん」。
中学生を対象に午前午後2回公演です。

9月11日(日)
香川県宇多津町の「ユープラザうたづ」にて、
朗読劇「あん」公演。
開演は14時。全席指定前売3000円(当日3500円)
中井貴惠さんとボクの二人語りでお送りする
小説とも映画とも違う形のフィナーレを迎える朗読劇「あん」。
ギターはアルルカンの仲間、ピクルス田村です。

チケットは、ユープラザうたづ 0877-19-8020
デュークショップ高松 0878-21-2345

では、台風に翻弄される旅路となりそうですが、
北海道のみなさん、瀬戸内のみなさん、必ず参りますので、楽しみにしていてください。




台北のハンセン病療養所「楽生院」に行ってきました。

IMG_0722_convert_20160826165528.jpg

 Peace Boat の皆さんと、台北のハンセン病療養所「楽生院」に行ってきました。
 地下鉄の操車場をつくる工事のために、半分取り壊されてしまった療養所です。

 日本統治下に於ける負の遺産(絶対隔離を強要したという意味で)であると同時に
 快復者のみなさんにとっては今も住処である場所です。
 これを壊すな、なかったことにするな、という市民運動、学生運動の高まりとともに保存が決定。
 壊してしまった病棟も今から再建築するそうです。

 写真中央は、張さん。
 国民党軍が台湾住民を虐殺した2・28事件のときに台湾側の兵士だったという張さん。
 ガンの手術から2ヶ月しかたっていないということでしたが、
 流暢な日本語も含め、たいへんお元気でいらっしゃいました。

 みなさんへひとこと
 「病気で腸を半分切りましたが、ご覧のように元気です。百まで生きるつもりでいます。みなさんもどうぞ長生きをしてください」

 楽生院の入所者のみなさんだけではなく、出会った台湾の人たちはみな穏やかで、笑顔がすてきだったなあ。
 台湾は、行く度に好きになります。
 
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
朗読劇「あん」
香川県宇多津町ユープラザうたづ
9月11日(日)< 午後2時開演
0877(49)8020
前売り3000円
近刊
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
Amazon商品ページ
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
5月25日発売
「ピンザの島」(ポプラ文庫)」
6月5日発売
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ