星の王子さまが届いた!

王子さま見本_convert_20161130171642

ウィーンの文学祭から帰ってきてから体調を崩し、ずっと寝ていました。
でも、今日ようやく熱が下がりました。
そうしたら全訳した『星の王子さま』(皓星社)の見本が届きました。
とても美しい本に仕上がりました。
訳者あとがきの写真なども、ご覧のようにくっきりすっきり素晴らしい印刷です。
発売は明日12月1日だそうです。
ぞんぶんに楽しんで下さい。
この本の朗読会もきっとやります。

ウィーンに行ってきます。

plakat_LiH-2016_echos-aus-japan-768x1087_convert_20161115210836.jpeg

11月20日、ウィーン文学祭の最終日
映画『あん』の上映とボクの朗読があります。
そういうわけでして、
どら焼きを持って、今からウィーンに行ってきます。

『バカボンのパパと読む老子』再発売なのだ!

IMG_0850_convert_20161115205423.jpg

『バカボンのパパと読む老子』が新たに角川文庫から発売されるのだ。
11月25日なのだ。
混沌とした時代だからこそ、通勤通学のお供にして欲しい一冊なのだ。
宇宙の創世から、穏やかな心の保ち方まで、
2400年前の世捨て人である老子と
昭和のファンキー親父であるバカボンのパパがいっしょになって教えてくれるのだ。
これでいいのだ!

朗読劇『あん』再演します。

早稲田フライヤー表-1_convert_20161115203015

世界ハンセン病デーに朗読劇『あん』の上演をします。
早稲田大学大隈講堂での再演となります。
中井貴惠さんの徳江さんも素晴らしいです。
みなさん、ぜひいらして下さい。

フォトグラファー富永夏子さんの写真展も、講堂内で開催されます。

日程:2017年1月29日(日)
時間:14:00開場 15:00開演
出演:1部 シンポジウム ハンセン病問題支援学生NGO橋-Qiao 他
   2部 朗読劇あん 中井貴惠(朗読)
            ドリアン助川(朗読)
            ピクルス田村(ギター)
料金:¥2500(全席指定)
会場:早稲田大学大隈記念講堂 
   東京メトロ東西線「早稲田駅」3a出口徒歩5分
   都営バス(学02:高田馬場~早大正門間) 早大正門停留所からすぐ

チケット販売(2016年11月7日)
   ・オンザフィールド ☎050-5525-1493(平日11時~18時)
             Web http://otf-webshop.com
・カンフェティ   ☎0120-240-540(平日10時~18時)
             Web http://confetti-web.com
   ・イープラス    http://eplus.jp

主催・制作 オンザフィールド
協力    早稲田大学文化推進部|早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
日本財団|ポプラ社|エレファントハウス
問合せ   オンザフィールド ☎050-5525-1493(平日11時~18時)

◆早稲田大学大隈記念講堂ロビーにて当日開催!
日本財団フォトグラファー 富永夏子写真展
「ハンセン病を考えることは、人間を考えること。」

「星の王子さま」いよいよ発売です。

表1-obi_convert_20161114183109

全国の王子さまファンの皆様、
お待たせしました。

ドリアン助川訳『星の王子さま』が今月28日に発売されます。
原文を忠実に訳しながら、
王子さまが星巡りをするところなど、
自分なりの新しいアイデアを入れました。

暗記するほど読んでるわ、という方もご一読願えると幸せです。

サン=テグジュペリが生まれたリヨンでの滞在記や、
彼が母や妹に宛てた手紙の訳、
また冒頭の献辞で登場するレオン・ウエルトの人物紹介など、
あとがきも充実です。
『星の王子さま』(皓星社/1600円)
プロフィール

ドリアン助川

Author:ドリアン助川
物語をつづり、詩をうたう道化師です。

ライブ・公演情報
アルルカンライブ
「多摩川物語」
12月23日(金)< Eggman Tokyo East
近刊
「あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル」(新潮社)
Amazon商品ページ
「坂道 〜Les Pentes〜」(ポニーキャニオン)
5月25日発売
「ピンザの島」(ポプラ文庫)」
6月5日発売
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ